本文へ移動

次へ
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348
 
 
【ご協力・協賛】
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。

 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
✉ jim@ajda.jp
2022年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

会長挨拶

令和4年度 第33回全国防衛協会連合会定期総会時の佃和夫会長挨拶(4.6.9)

 本日は、ご多忙の中、第33回定期総会に全国各地からご出席頂き誠にありがとうございます。ここ2年間、新型コロナウイルス対応で皆様のお顔を拝見出来ず、さびしい思いをしておりましたが、今日はお目にかかれてうれしく思っております。

ご出席の皆様方には、平素より全国防衛協会連合会の事業・活動に多大なご支援・ご協力を賜り、改めて心から敬意と感謝を申し上げます。

本日は、令和3年度の事業報告と収支決算報告、令和4年度の事業計画(案)と収支予算(案)、役員人

事(案)及び防衛問題に関する要望書(案)についてご審議頂きますのでよろしくお願い致します。

さて、2月24日のロシア軍のウクライナへの侵攻は、武力による現状変更を図ろうとするものであり、我が国としてもこの教訓を学ばなければなりません。今、私たちが目の当たりにしているものは何か、それは「自分たちは相手国に対し、侵攻の意志が皆無で、全く無害な存在である、ということを如何に示し続けても、それは相手の自分たちへの侵攻を思いとどまらせる力にはならず、時として自国民が悲惨な目にあうことになる」ということであります。現状に目をつぶり、見たくないものから目をそらし、イデオロギーという虚構の中に身をひそめることの危うさを自覚すべきです。「自分の国は自分で守る」の姿勢の重要性を再認識すべきです。

その最前線に立っておられる自衛隊の皆様は、日夜わが国の防衛という重大任務に精励されるとともに、国内外において様々な活動を行っており、国民の自衛隊に対する信頼と期待は一段と高まるばかりです。

特に、今回の新型コロナウイルス感染症の拡大をうけて、現在も活動中の東京及び大阪に集団接種会場を開設し、ワクチン接種の接種率の促進に寄与するとともに集団接種のノウハウは、各自治体が開設する接種センター等の参考となっていると伺っておりますが、大変頼もしく感じるところです。

当連合会としても、その目的とする「防衛意識の高揚」と「自衛隊への支援・協力」を進めるためには、自衛隊を取り巻く環境の変化と会員の皆様のご意見を踏まえて事業を推進していくことが肝要と考えております。

本日は、総会に続き、講演会として、同志社大学特別客員教授の兼原信克先生の「ウクライナ問題と日本への教訓」と題するご講演を楽しみにしております。

最後になりますが、当連合会は、これからの連合会のあるべき姿に思いを致し、会員皆様との連携を更に深め、会勢拡大を含め各種事業を着実に推進して参りたいと考えますので、引き続き皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

令和4年年頭の御挨拶 全国防衛協会連合会会長    佃 和夫

防衛協会会報第157号(4.1.1)掲載
       「コロナ感染の動向を見極めつつ
            各種事業を地道に推進」
  
 明けましておめでとうございます。
 会員の皆様には、ご家族ともどもお健やかに新年を迎えられたことと心よりお慶び申し上げます。コロナウイルス感染症の影響で活動が制限される中、皆様には全国防衛協会連合会の活動へのご協力とご理解に心から感謝申し上げます。
 顧みますと、昨年は新型コロナウイルス感染症との闘いの一年でありました。感染症患者は8月半ば過ぎには25000人を超えるなど拡大し、三度の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、国民生活は一変しました。このような状況におい
て、東京と大阪に設置された大規模接種センターにおける自衛隊によるワクチン接種の緻密なオペレーションは、各自治体で実施された大規模接種センター運営の模範となり、ワクチン接種の推進に大きく貢献しました。また、緊急事態宣言下において無観客で開催された「東京2020オリンピック・パラリンピック」では、自衛隊による支援団を編成し、大会期間中の式典等大会運営の協力支援の任務を完遂するともに、自衛官アスリートの大活躍もあり大会は盛会裏に終わりました。
 我が国周辺の安全保障環境は、一層厳しさを増しております。北朝鮮は弾道ミサイルの開発を促進するとともに、中国は尖閣諸島周辺海空域での領海・領空侵犯を継続する等、不安定要因が一層顕在化しており台湾有事も懸念されます。
 このような中で、自衛隊の皆様は、周辺海空域の警戒監視や海外任務はもとより、大規模自然災害等にも即応した対処をするため日々訓練に精励されております。国内においては昨年7月の熱海市の土石流災害への対応等に活躍されました。また、国外においては、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動が継続されていると共に、シナイ半島におけるエジプト・イスラエル間の停戦監視活動などを行う多国籍部隊・監視団への司令部要員派遣等国際社会の要請にも的確に対応を継続し、国際的にも高い評価を受けております。これらの国内外での活動により、国民の自衛隊に対する期待は一段と高まってきており、自衛隊を支援する防衛協会の活動は益々重要性が高まってきています。
 コロナ感染拡大防止の観点から、二年間にわたり一部の事業中止及び縮小等を余儀なくされましたが、今年は各都道府県防衛協会と全国防衛協会連合会が更に連携を深め、コロナ感染症の動向を見極めつつ各種事業を地道に推進して参りたいと考えていますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
 おわりに、新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を祈念申し上げますと共に、各協会の益々の充実・ご発展及び、皆様のご多幸とご健勝を祈念して新年のご挨拶といたします。
TOPへ戻る