本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とした民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

 全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とした民間の全国組織です。

    都道府県防衛協会ホームページ/都道府県協会専用ページ

    東京都防衛協会HP  京都府防衛協会HP  大阪防衛協会HP  奈良県防衛協会HP
    兵庫県防衛協会HP  山口県防衛協会HP  愛媛県防衛協会HP 沖縄県防衛協会HP

地区紹介:都道府県協会専用ページへのリンクを紹介、各協会の概要や会報の関連記事をアーカイブ

            防衛省・自衛隊フェースブック

          ●防衛省   ●陸上自衛隊   ●海上自衛隊   ●航空自衛隊

              防衛協会会報紹介

         防衛協会会報第135号(28.7.1)PDF版

1面 全国防衛協会定期総会(28.6.15)

   國を守る気概 国民の理解と共感を得る
          全国防衛協会連合会第27回定期総会
  
  力強く挨拶する佃和夫会長       講演中の小川和久氏       祝辞を述べる中谷元防衛大臣
****************************************************
           表彰おめでとうございます(全国)
 野地 武      北海道自衛隊協力会連合会      土江田与一郎    北海道自衛隊協力会連合会
 岩本 溥叙     北海道自衛隊協力会連合会      山本 昭三          青森県防衛協会
 小島 孝           宮城県防衛協会      真鍋 正己          宮城県防衛協会
 黒崎 松代          群馬県防衛協会      宮田 保夫          埼玉県防衛協会
 遠藤 正行          東京都防衛協会      江口 幸一      千葉県自衛隊協力会連合
 高垣 博            大阪防衛協会      瑞樹 正哲         和歌山県防衛協会
 小島 成介          兵庫県防衛協会      小山 新造          奈良県防衛協会
 林  保志          徳島県防衛協会      多田野 榮          香川県防衛協会
 森田 浩治          愛媛県防衛協会      廣瀬 了           愛媛県防衛協会
 滝石 園子          高知県防衛協会      末安 伸之          佐賀県防衛協会
 下田 茂實          佐賀県防衛協会      野々口弘基             青年部会
 南魚沼市自衛隊協力会   新潟県自衛隊協力会      沖縄県商工会連合会      沖縄県防衛協会
****************************************************

1面 全国防衛協会部隊激励(28.5.19・20)

       熊本地震災害派遣部隊を激励
              
        8師団司令部訪問                  被災地(益城町)の模様

1面 全国防衛協会連合会青年部会総会(28.6.14)

                平成28年度定期総会開催
        47都道府県に青年部会の組織化を目指す
             
     挨拶する三原宏治青年部会会長                神奈川大会をアピール
***********************************************
  平成28年盛夏 暑中御見舞申し上げます 全国防衛協会連合会
                                              (敬称略)
 全国防衛協会連合会      会 長 佃  和夫                  理事長 金澤 博範
 北海道自衛隊協力会連合会   会 長 伊藤 義郎    青森県防衛協会        会 長 杉本 康雄
 自衛隊協力会岩手県連合会   会 長 熊谷 祐三    宮城県防衛協会        会 長 鎌田   宏
 山形県防衛協会        会 長 清野 伸昭    福島県自衛隊協力会連合会   会 長 渡邊 博美
 新潟県自衛隊協力会      会 長 泉田 裕彦    栃木県防衛協会        会 長 青木  勲
 茨城県防衛協会        会 長 幡谷 祐一    群馬県防衛協会        会 長 町田錦一郎
 長野県防衛協会        会 長 中嶋 君忠    埼玉県防衛協会        会 長 佐伯 鋼兵
 千葉県自衛隊協力会連合会   会 長 森田 健作    東京都防衛協会        会 長 佃  和夫
 神奈川県防衛協会       会 長 上野  孝    山梨県自衛隊協力会連合会   会 長 堀内  茂
 静岡県防衛協会        会 長 鈴木 与平    富山県自衛協会        会 長 金岡 克己
 石川県防衛協会        会 長 杉本 勇壽    福井県防衛協会        会 長 川田 達男
 岐阜県防衛協会        会 長 村瀬 幸雄    中部自衛隊協力会       会 長 髙橋 治朗
 三重県防衛協会連合会     会 長 岡本 直之    滋賀県防衛協会        会 長 河本 英典
 京都府防衛協会        会 長 立石 義雄    大阪防衛協会         会 長 井上 礼之
 兵庫県防衛協会        会 長 大橋 忠晴    奈良県防衛協会        会 長 前田  武
 和歌山県防衛協会       会 長 谷崎 博志    鳥取県防衛協会        会 長 藤縄 匡伸
 島根県防衛協会        会 長 金津 任紀    岡山県防衛協会        会 長 泉  史博
 広島県防衛協会        会 長 深山 英樹    山口県防衛協会        会 長 福田 浩一
 香川県防衛協会        会 長 常盤 百樹    徳島県防衛協会        会 長 近藤 宏章
 愛媛県防衛協会        会 長 森田 浩治    高知県防衛協会        会 長 野村 直史
 福岡県自衛隊協力会連絡協議会 会 長 礒山 誠二    佐賀県防衛協会        会 長 大坪 勇郎
 長崎県防衛協会        会 長 中村 法道    大分県防衛協会        会 長 姫野 清高
 熊本県防衛協会        会 長 蒲島 郁夫    宮崎県防衛協会        会 長 河野 俊嗣
 鹿児島県防衛協会       会 長 伊藤祐一郎    沖縄県防衛協会        会 長 國場 幸一
***********************************************
株式会社 朝雲新聞社 代表取締役 中島 毅一郎 自衛隊専門誌 〒160-0002東京都新宿区四谷坂町12-20
防衛ホーム新聞社 代表取締役社長 吉田 佳子
日本会議 会長 田久保 忠衛 誇りある国づくりへ、あなたの力を 月刊誌「日本の息吹」
一般社団法人 日本安全保障・危機管理学会 名誉会長 安倍晋三 会長 渡辺 利夫 理事長 二見宣
***********************************************

連載記事

望映鏡 防衛時評 一筆防衛論  オピニオン エッセイ 
     準備中  
村瀬 幸雄
岐阜県防衛協会会長
山崎 眞
前常任理事
廣瀬 紀雄
前常任理事
能勢伸之
フジTV解説担当役員
葛城 奈海
予備自衛官 

2面 共催講演in青森(28.4.26)

         青森市防衛協会定期総会に合わせ平成28年度の共催講演会を青森で実施
  
      挨拶する杉本康雄会長                 講演中の折木元統合幕僚長

2面 自衛隊紹介

                リオ五輪で戦う自衛官(細部:PDF版)
          自衛隊体育学校所属 リオ五輪出場予定者 階級は7月1日現在
山下敏和3等陸佐
(徳島県小松島市)
成松大介2等陸尉
(熊本県熊本市)
新井広宙3等陸尉
(長野県小布施町)
ライフル射撃 ボクシング ライト級 陸上男子50km競歩
谷井孝行3等空尉
(富山県滑川市)
森 栄太3等空尉
(静岡県浜松市)
髙尾宏明3等陸尉
(宮崎県日向市)
陸上男子50km競歩 ピストル射撃 ウェイトリフティング
江原騎士2等陸曹
(山梨県甲府市)
三口智也3等陸曹
(和歌山県紀の川市)
岩本勝平3等陸曹
(鹿児島県鹿児島市)
水泳フリーリレー/400m自由形 近代五種競技 近代五種競技

2面 全国防衛協会連合会「防衛問題に関する要望書」

         平成28年度防衛問題に関する要望書(要約)
●第一点:最も根本的課題である我が国防衛の基本的考え方を憲法に明確に規定し、国民誰もが疑問を生ずることなく同方針のもとに結束できる基盤を確立
●第二点:防衛力の整備を引き続き着実に進めるとともに必要な予算を確保
●第三点:防衛力自体の整備に当たっては、自衛隊が今回の平和安全法制により新たに拡大した任務を遺憾なく遂行しうるために不可欠な、所要の装備と増員の確保並びに人員充足率の向上、近年激化している国際テロに対する対策も喫緊の課題
●第四点:日米同盟の実効性の確保、強化に向けた不断の努力の推進
●第五点:隊員の安全確保には一段の慎重な配慮、万万一、不幸にも隊員に死傷者が出た場合のご遺族等に対する手厚い補償と国家のために尽くされたご本人の功績に対する名誉の付与

3・4面 自衛隊災害派遣(特集)

              平成28年熊本地震災害派遣

***************************************************
            安倍総理大臣・中谷防衛大臣視察
  
       安倍総理大臣視察              中谷防衛大臣視察(保健福祉センター)
****************************************************
               人命救助・行方不明者捜索
  
 行方不明者捜索(河陽高野台団地:第8普通科連隊) 人命救助(南阿蘇高野台:第46普通科連隊、第5施設団)
****************************************************
                道路の啓開(瓦礫除去)
       
(左)道路啓開(南小国町矢田原地区 第5施設群増強392中隊)
           (右)道路啓開(東区沼山津 陸自第42普通科連隊、陸自第8施設大隊、海自 警務隊)
****************************************************
                     物資輸送
  
     輸送艦しもきた:八代港               空自新田原でC-1から糧食を卸下
  
   空自入間基地でローダー積載          千歳基地から第1輸送航空隊のC-130で出発する交代要員
****************************************************
         平成28年熊本地震災害派遣の特性
1 西部方面総監(小川清史陸将)を指揮官とする統合任務部隊(JTF-鎮西)を編成
  最大時約26,000名態勢で活動を実施
2 迅速な対応
⑴ 4月14日の前震発災(21時26分頃)以降
  21時31分に防衛省災害対策室設置(21時36分に防衛大臣指示)
  21時47分に築城基地から第8航空団のF-2×2機が離陸     
  22時02分に西部方面航空隊のUH-1×2機、第8飛行隊のUH-60×2機が離陸
⑵ 4月16日の本震発災(01時25分頃)以降
  01時43分に築城基地から第8航空団のF-2×2機が離陸   
  01時53分に西部方面航空隊のUH-1×2機、UH-60×1機、第8飛行隊のUH-60が離陸   
  04時55分に統合任務部隊(JTF-鎮西)を編成
3 人命救助活動
  二次災 害発生の危険が高い中、夜を徹して人命救助活動を実施
4 米軍及び韓国軍の支援受け
 ⑴ 米 軍:4月18日~23日 UC-35×1、C-130×延べ4機、MV-22×延べ12機輸送支援
 ⑵ 韓国軍 :4月22日  C-130×2機により、食料及び飲料水等約10万ドル相当を輸送
5 生活支援は当初プッシュ型支援、じ後経過につれてプル型支援実施
6 即応予備自衛官の招集
7 民間船舶「はくおう」の休養施設としての活用
****************************************************
                  給 食 支 援
  
   阿蘇西小学校で炊事支援する第2普通科連隊          第44普通科連隊(福島)
****************************************************
                  給 水 支 援
  
    空自:赤十字病院での給水支援給水支援          長嶺団地:第5地対艦ミサイル連隊
****************************************************
                  入 浴 支 援
  
      嘉島町役場:第4後方支援連隊            第6後方支援連隊「花笠の湯」
****************************************************
                  医 療 支 援
           
              益城町保健福祉センター:西部方面衛生隊
****************************************************
                 米軍及び韓国軍の支援

  
(左)米軍輸送機による輸送支援(高遊原分屯地(第8飛行隊):MV-22オスプレイ)
                           (右)韓国軍C―130からの積荷卸下(高遊原)

●5面 各県防衛協会からの便り(掲載順不同)

                  兵庫県防衛協会
        自衛隊阪神病院入院隊員を 激励慰問 & 青年部会新体制スタート
  
  阪神病院森崎院長と懇談        見舞品の贈呈        就任挨拶する清水青年部会会長
****************************************************
                 神奈川県防衛協会
               神奈川県防衛協会 厚木基地研修(28.2.17)
****************************************************
                   岡山県防衛協会
               カップリングパティ開催(27.12.20)

5面 自衛隊紹介

           駒門駐屯地創立56周年記念行事(28.4.3)
  
      訓練展示            戦車体験試乗            装備品展示

6面 青年部会

                若い力を親会の機動力へ
   全国防衛協会連合会青年部会 理事 事務局長  埼玉県防衛協会青年部会 副会長兼事務局長 矢崎敏弘
          
        矢崎敏弘局長                 職業紹介特別授業

6面 女性部会

            「私たちには自衛隊が居る!」
              〜熊本地震で汗する自衛隊に感謝〜
             大分県防衛協会女性部会 会長 衛藤まり子
  
隊員お一人お一人にと、1,100箱をお届けしました 衛藤まり子会長(左)

6面 海外で活躍する自衛官

                   初めての海外勤務
     派遣海賊対処行動支援隊(第5次要員)業務隊(補給陸曹) 2等陸曹 伊藤 秀樹
  
   伊藤2等陸曹         現地事務所で勤務中        現地でフォークリフトを操作中
****************************************************
                   PKOに参加して
         南スーダン派遣施設隊(第9次要員)施設小隊 2等陸曹 高津 真二
             
                        現地で油圧ショベルを巧みに操作する高津2陸曹

6面 投稿(陸自第9師団)

                地域の活性化に貢献
              第11回AOMORI春フェスティバル
  
   多くの来場者が訪れた自衛隊コーナー            将来は自衛官?(試着コーナー)

●平成28年度自衛隊記念行事/全国防衛協会連合会研修情報

                 平成28年度自衛隊記念行事
【富士総合火力演習】 (実施日)28年8月28日(日) (場所)陸上自衛隊東富士演習場
【体験飛行】  (実施日)28年10月15日(土) (場所)航空自衛隊千歳基地、入間基地、築城基地、那覇基地
【追悼式】   (実施日)28年10月22日(土) (場所)防衛省慰霊碑地区
【観閲式】   (実施日)28年10月23日(日) (場所)陸上自衛隊朝霞訓練場
【音楽まつり】 (実施日)28年11月11日(金)、12日(土)、13日(日) (場所)日本武道館
****************************************************
                全国防衛協会連合会研修情報
・防衛講座    随時
・女性部研修会  11月11~12日 (東京都)
・青年部研修会  11月18~19日 (神奈川県)
・国内研修   (中京地区)  秋頃

●編集後記

今号の紙面は「平成28年熊本地震災害派遣」の特集のため2面増の6面構成です。最大時約26,000名の自衛官が活躍しました。  
 また、平和安全法制の施行により自衛隊に対する国民の期待と信頼はこれまで以上に高まることでしょう。益々自衛隊を支援することが大事となります。
 いよいよ夏の富士総合火力演習など大きなイベントシーズンに入ります。自衛隊を理解するいいチャンスですお出かけください。そして寄稿等のご協力よろしくお願い致します。
                                         会報編集担当 筧典男  

お知らせ

講演会開催のご案内(28.9.10)
 「第2回 日本の平和と繁栄、安全を考えるセミナーーある行動における大義の問題ー」
 主催:日本国際情報学会  
 日時:平成28年9月10日(土)13時30分~17時 (参加無料)(別途懇親会予定3,000円程度)
 場所:日本大学通信教育部第31大講堂(3階)(東京都千代田区九段南4-8-28)
 定員:150名(申込書は別添。定員を超えた場合は抽選)
 講師テーマ・講師:
 1 混迷、激化する中東情勢ーシリアとロシアを中心に 乾 一宇(日本大学大学院非常勤講師)
 2 明治150年、幕末維新の真相を探る 星 亮一(歴史作家)
 申し込み:http://www.smart-pr.jp/?post_type=myEvents&p=742

「地区訪問」ページ新設(27.1.1)
 「地区訪問」ページを「事務局便り」ページから分離して新設しました。「事務局便り」にアーカイブしていた過去の「地区訪問」を併せて収録しています。

特別会員募集
 全国防衛協会連合会は防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、 自衛隊活動の支援・協力を目的として活動する民間の組織で、趣旨に賛同する特別会員により支えられています。日本の平和と繁栄のため皆様のご加入を期待しています。     特別会員年会費:個人1万円 法人5万円
 機関紙及び各種行事案内等を送付します。細部は、バーナーリンク「会員募集」をご覧ください。

会報投稿記事募集中
 全国防衛協会連合会事務局は、会員の皆様からの機関紙「防衛協会会報」への投稿記事をお願いしております。 投稿していただけ方、連合会事務局(担当:筧)までご連絡ください。

ホームページの活用について
 当ホームページのサーバー更新により、地区紹介ページへの掲載容量が増加しましたので、都道府県防衛協会からの「お知らせ」・「行事紹介」等を掲載することが可能となりました。当ホームページに掲載ご希望の協会は、連合会事務局(担当:筧)までご連絡ください。
 また、地区紹介ページには、協会名・住所・電話番号等を記載するスペースがありますので、掲載ご希望の協会は、同じく連合会事務局(担当:筧)までご連絡ください。(現在、ご連絡をいただいた協会以外は、全国防衛協会連合会の住所・電話番号等を掲載しています。)
      

  調査研究小冊子(PDF版)
我が国が抱えるの領土問題について
我が国防衛意識の現状と今後の課題

     
我が国防衛政策の現状と今後

リンク

全国防衛協会連合会

〒162-0844
 東京都新宿区市谷八幡町13番地
       東京洋服会館9階
TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349

最終更新:28.9.24



新着情報

2016防衛白書リンク更新:28.8.3
自衛隊主要幹部更新:28.8.5
講演会開催の案内:28.8.25
和歌山役員名簿修正:28.8.28
全国協会事務局転居:29.9.7
mamor11月号:28.9.22
イベント情報:28.8.20現在