本文へ移動

次へ
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348

 
 
【ご協力・協賛】
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。

 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
✉ jim@ajda.jp
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

過去の防衛省・自衛隊関連記事

令和5年

防衛協会会報第164号(5.10.1)掲載【投稿:陸上総隊】MFO司令部の施設分野への追加派遣及び初の陸曹派遣
                          防衛協会会報第164号(5.10.1)掲載

 MFO司令部の施設分野への

 追加派遣及び初の陸曹派遣

陸上総隊(司令官:竹本竜二陸将)は、平成31年4月から、多国籍部隊・監視団(MFO)に司令部要員を派遣しており、令和5年7月現在、2名の司令部要員が、エジプト・シナイ半島南部シャルム・エル・シェイクのMFO司令部において、MFOの停戦監視活動の実施に関するエジプト・イスラエルとの連絡調整業務を行っています。

今般、施設分野を担当する司令部要員として、施設幹部 山田3佐と施設陸曹 宮下2曹の2名が追加派遣されました。

本追加派遣には、自衛隊が国際平和協力において実績を有する施設分野の知見・能力の発揮、米国等の要員派遣国との連携の強化、我が国の「平和と繁栄の土台」である中東の平和と安定に一層貢献する等の意義があります。

また、陸曹として初の司令部要員として派遣される宮下2曹は、MFOの各種工事に関する部隊や役務業者との調整等を実施します。宮下2曹は、「これまでの施設科部隊等での勤務経験、国連南スーダンミッション(UNMISS)での施設陸曹としての派遣経験を活かし、日本・自衛隊・陸曹の代表として頑張ってきます」と述べ、6月29日に出国し、7月1日から現地において活動を開始しました。

初めての施設分野で、追加派遣となる施設幹部のやまだ 3佐
ミッション司令部へ初めての陸曹派遣となる施設陸曹の宮下2曹
                井野防衛副大臣から辞令書の交付を受ける宮下2曹
MFO(多国籍部隊・監視団)への派遣 【MFO : Multinational Force and Observers】
         活動概要(2023年3月現在)

日本から今までMFOに派遣された要員の能力・実績が評価された結果の追加派遣要請


 2016年3月の「平和安全法制」の施行を踏ま

え、自衛隊は国際連携平和安全活動として2019年4月からMFOに司令部要員を派遣。従前から派遣の2名は連絡調整部の副部長と部員と勤務している。また、施設の更新・修繕ニーズが大きいMFOから施設担当者の追加派遣要請があり、施設課の課員として今般2名が追加派遣された。

 現在、MFO要員の派遣国は、オーストラリア、カナダ、コロンビア、チェコ共和国、フィジー、フランス、イタリア、日本、ニュージーランド、ノルウェ―、英国、米国、ウルグアイの13か国である。

                           (出典:図表は防衛白書、派遣国はMFOのHP)
            関連地図
            MFO組織図
TOPへ戻る