本文へ移動
https://ajda.jp/files/libs/2643/201811151705135913.jpg
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348​
https://ajda.jp/files/libs/2644/201811151705147984.JPG
https://ajda.jp/files/libs/2645/201811151716353356.jpg
 
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
「夢の自衛隊生活」
~高校生のインターシップ支援~
   第21普通科連隊(秋田)
 第21普通科連隊(連隊長 五十嵐雅康1等陸佐)は、8月5日から7日の間、自衛隊秋田地方協力本部の依頼を受け、秋田県内の高校生に対するインターンシップを支援した。
 今年は県内の高校19校から76名(男子67名、女子9名)が参加し、訪れた高校生たちは、緊張した面持ちで駐屯地の門をくぐっていた。
 三日間にわたって実施されたインターンシップでは、数多くの訓練体験や生活体験が行われた。ヘリコプターの体験搭乗に始まり、各種入隊制度の説明、天幕(テント)展張体験、救急法体験、ロープ結索体験、装備品展示、格闘体験、各職種の職場見学等が行われた。
 訓練体験の中で、一番の盛り上がりを見せたのが格闘体験である。格闘指導官たちが、自衛隊で実際に訓練している格闘動作の中から、日常における危機回避と護身のための動作を抜粋して指導した。時にコミカルな寸劇仕立ての展示を交えながらの指導に、高校生たちは大笑いしつつもその技術の奥深さに感心し、強く興味を引かれたようであった。
 その他、隊員と同じ食堂で食事したり、売店で迷彩グッズを買い求めたり、遠方在住の高校生は宿泊したりと、それぞれが目一杯秋田駐屯地における貴重な体験を満喫していた。
 全ての課目が終了し、今回の感想を尋ねると「(自衛隊について)色々調べてきたけれど、それ以上の事を学び体験することが出来た」「(天幕では)思ったより天井が高く過ごしやすそうだった」など、初めて触れた自衛隊の生活を興奮した面持ちで語ってくれた。
 来年の春、今回参加した高校生たちが、我々と同じ制服に身を包み、頼もしい後輩となる姿を脳裏に描きながら、インターンシップ支援任務を完遂した。
(記事・写真ともに秋田駐屯地広報室提供)
         ヘリコプター体験搭乗
            天幕展張体験
            救急法体験
            格闘体験
          隊員とともに昼食
         休憩時間に売店で買い物
TOPへ戻る