本文へ移動
https://ajda.jp/files/libs/2643/201811151705135913.jpg
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348​
https://ajda.jp/files/libs/2644/201811151705147984.JPG
https://ajda.jp/files/libs/2645/201811151716353356.jpg
 
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
命がけの不発弾処理作業
~部隊創設以来無事故継続中~
 
陸上自衛隊第15旅団(那覇)
第101不発弾処理隊 
 
 第15旅団(旅団長 佐藤真陸将補)は、8月25日(火)・26日(水)の2日間にわたって、中部訓練場において不発弾の爆破処分を行った。  
 第101不発弾処理隊(隊長 植松佳郎2等陸佐)は、沖縄県内で発見された不発弾の識別・安全化処理・回収・保管・最終処分を行い、民生の安定に寄与している。
 最終処分には「民間業者へ委託して行う処分」または「第101不発弾処理隊による処分」の2つの方法がある。
 今回の第101不発弾処理隊による爆破処分では、5インチ艦砲弾36発、6インチ艦砲弾6発等、合計約300発、約1.5トンの処理を行った。
 昭和49年に処理を開始して以来、沖縄県においては9月10日現在で累計38234件、1830tの処理(年平均約600件、約15t)を行い、現在に至るまで無事故を継続中である。
 爆破処分を行った第101不発弾処理隊の岩城3曹は、「爆破係として参加し、今回も無事故で爆破処分を行いました。今後も民生の安定に寄与できるよう、安全確実に不発弾処理を行ってまいります。」と力強く語っていた。
                              (記事・写真ともに第15旅団広報提供)
  米軍と第101不発弾処理隊による相互点検の様子
       不発弾を運搬する不発弾処理隊
      処理壕に不発弾を運搬する岩城3曹
爆破処分後の現場確認
不発弾の爆破処分
TOPへ戻る