本文へ移動
https://ajda.jp/files/libs/2643/201811151705135913.jpg
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348​
https://ajda.jp/files/libs/2644/201811151705147984.JPG
https://ajda.jp/files/libs/2645/201811151716353356.jpg
 
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

マスク姿で『鹿島立ち』

令和2年度遠洋練習航海(前期) 第70期一般幹部候補生課程修了者

   海上自衛隊の実習幹部約155名(うち女性:約10名)を乗せた遠洋練習航海部隊(指揮官:練習艦隊司令官 八木浩二海将補)が、海自呉基地を6月9日(火)出港した。7月22日(水)までの44日間、実習幹部は、練習艦「かしま」(4050トン)と練習艦「しまゆき」(3050トン)の2隻に分乗して実習を行う。
 新型コロナウイルスの影響により、出発は例年よりも約1か月遅くなった。また、例年は十数か国に及んでいる寄港地も、今回はわずかに一国で、補給のためにシンガポール(チャンギ海軍基地)のみへの寄港が予定されている。
 出国行事も、新型コロナウイルス感染防止のためソーシャルディスタンスを確保して行われ、呉基地の隊員と音楽隊のみによる簡素化された見送りとなった。
 遠洋練習航海は、「実習幹部に対し、長期にわたる洋上生活、各種訓練を通じて、部隊勤務に必要な基礎的知識・技能を修得させ、指揮統率の基本を体得させるとともに、国内外に対する視野を拡大させることにより、将来の伸展性を有する幹部を育成する」ことを目的としている。
 海自は、昭和32年以降、毎年遠洋練習航海を実施しており、今回で64回目。諸外国の訪問を通じて幹部自衛官としての国際感覚のかん養に資するとともに、友好親善の増進にも寄与してきた。
   練習艦隊で世界各国を巡ることを心待ちにしていた実習幹部にとっては、新型コロナウイルスの影響で、大きな試練の中での船出となってしまった。新型コロナウイルスの脅威に怯むことなく、明るい希望をもって、乗艦実習に励んでもらいたい。
   前期の遠洋練習航海終了後は、「艦艇職域」に限って、後期の遠洋練習航海が2か月程度予定されている。そのときには、訪問国への堂々とした寄港が叶うことを期待したい。
(写真は呉地隊HPより)
           酒井呉地方総監(右)に挨拶する遠洋練習航海部隊指揮官の八木練習艦隊司令官
                「かしま」外側に係留していた練習艦「しまゆき」の出港
          岸壁に係留していた練習艦「かしま」の出港【かしま艦上と岸壁で相互に『帽振れ』の挨拶】
                   「帽振れ」で見送る酒井呉地方総監と隊員
TOPへ戻る