本文へ移動
https://ajda.jp/files/libs/2643/201811151705135913.jpg
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348​
https://ajda.jp/files/libs/2644/201811151705147984.JPG
https://ajda.jp/files/libs/2645/201811151716353356.jpg
 
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

空自に「宇宙作戦隊」新編

宇宙ゴミや不審衛星などを監視

                 河野大臣から阿式隊長に隊旗授与(出典:防衛省HP)
 
 5月18日(月)、空自に「宇宙作戦隊」が新編され、河野防衛大臣から初代宇宙作戦隊長の阿式(あじき)俊英2等空佐に隊旗が授与された。自衛隊初の宇宙領域専門部隊である宇宙作戦隊は、大臣直轄部隊として空自府中基地(東京都)に隊員20名で発足、「宇宙」職域も新設された。
 同隊の主な任務は、日本の人工衛星にとって衝突などの脅威となる宇宙ゴミ(スペース・デブリ)や不審衛星などを監視する「宇宙状況監視」。令和5年度
からの本格的な「宇宙状況監視」システムの運用開始に向けて、「宇宙領域における部隊運用の検討」「宇宙領域の知見を持つ人材の育成」「米国との連携体制の構築」などを進めていく。
 中・露をはじめとして、宇宙空間において自国の軍事的優位を確保するための宇宙開発競争は激化の一途をたどっている。現状、宇宙における軍事利用に関しての明確な国際的ルールは確立されていない。
 今後、宇宙空間の平和利用・軍事利用に関しての議論を深め、国際的なルールづくりの場をリードしていくためにも、日本は、堂々と主張できるだけの実力を確保しておくことが、国益上必須である。
 その意味で、「宇宙作戦隊」発足の意義は大きく、その任務は、宇宙空間における、将来の日本の命運を左右するほどの重要性をもっていると言えよう

宇宙状況監視体制運用イメージ(出典:防衛省HP)

TOPへ戻る