本文へ移動

次へ
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348
 
 
【ご協力・協賛】
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2021年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

防衛大学校教授による現代の安全保障講座

第27回「現代の安全保障講座」講演録発行

                         防衛協会会報第154号(3.4.1)掲載

 全国防衛協会連合会は、令和2年11月に開催した防衛大学校教授による「現代の安全保障講座」(第27回)の講演録を発行した。

 当連合会は、その設立目的である「防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与する」ことの一環として、安全保障に関する講演会を平成6年以来毎年開催してきた。 

 本講演録は、近日中に防衛協会会員及び関係先に配布の予定である。

目 次

1「現代の国防論」

―現代の日本の防衛に必要不可欠な作戦術について―

防衛大学校 防衛学教育学群副学群長兼国防論教官室長

教授(一等海左)河上康博

2「宇宙安全保障に係る宇宙技術の基礎」

防衛大学校 システム工学群 航空宇宙工学科

教授 田中宏明

令和2年度 第27回現代の安全保障講座

 国際人の教養としての軍事学、日本の安全保障と軍事科学を学ぶ講座として、全国防衛協会連合会は、防衛省の後援並びに防衛大学校同窓会及び(公財)防衛大学校学術・教育振興会の協賛を得て、令和2年11月24日(火)グランドヒル市ヶ谷において、第27回目となる「防衛大学校教授による現代の安全保障講座」を開催。講座会場への入場前検温、手指の消毒及びマスク着用を徹底するとともに、聴講定員は例年の半数程度に制限し、座席間隔は十分なソーシャルディスタンスを確保する等、新型コロナウイルス感染症対策に万全を期した。 
講義に先立ち、主催者を代表して金澤博範理事長が挨拶。講座は、防衛学教育学群 国防論教官室 河上康博教授、システム工学群 航空宇宙工学科 田中宏明教授の順で行われた。
 今回は、大学が行っているアクティブ・ラーニングの一環としての申込等、団体申込が複数あったこともあり、早い段階で定員に到達。当日は防衛協会会員を始め、防衛省関係者、企業、大学生及び予備自衛官補等、若い聴講者を中心に124名が聴講した。
 なお、講座内容の詳細については、冊子にして印刷し、関係者に後日配布の予定である。
      『現代の国防論』
―現代の日本の防衛に必要不可欠な作戦術について―
     教授 河上康博一等海佐
 
 わが国を取り巻く安全保障環境は、様々な課題や不安定要因がより顕在化・先鋭化してきており、一層厳しさを増している。特に、純然たる平時でも有事でもないグレーゾーンの事態は、国家間の競争の一環として長期にわたり継続する傾向にあり、これに対処している自衛隊は、まさにグレーな戦いの真っ只中にある。その対処次第では、国家間の戦いに至る可能性も秘めている。これは、戦術が直接戦略に影響を及ぼす事態であることから、現場部隊は、現場で的確な戦術を執ると同時に戦略についても深く理解しておく必要がある。こうした情勢から、今後求められる国防、その中でも防衛について、現場で対処する自衛官のみならず安全保障関係者にとっても戦略と戦術の双方を理解するとともに双方を総合的に捉えることが更に求められている。
この戦略と戦術の橋渡しをしているのが「作戦術」である。それ故に、「作戦術」は、今後の防衛に必要不可欠な方法論である。
 本講座では、今後、日本の防衛に携わる関係者にとって、「戦略」と「戦術」、そして「学」と「術」の双方が必要不可欠であり、それを繋ぐ役割を有している「作戦術」の重要性について、具体的事例を用いながら解説した。
【プロフィール】

19883月 防衛大学校理工学専攻電気工学卒業

20013月 海上自衛隊幹部専攻科(機雷掃海)課程修了

20058月 第46掃海隊司令

20093月 海上自衛隊幹部学校幹部高級課程・統合幕僚学校統合高級課程修了

20093月 海上幕僚監部訓練班長

20118月 第51掃海隊司令(国際掃海訓練(中東)派遣部隊指揮官:連続2回)

20133月 海上幕僚監部服務室長

20151月 掃海業務支援隊司令

201612月 掃海隊群(機雷戦・水陸両用戦)司令部幕僚長

20189月 現職
  『宇宙安全保障に関する     
     宇宙技術の基礎』
        教授 田中宏明氏
 
 宇宙作戦隊の新編など、防衛における宇宙の役割が重要度を増している。防衛省におけるⅩバンド防衛通信衛星の運用や、装備品での測位衛星の利用など、インフラとしての宇宙システムの重要性が増す中で、スペースデブリや不審衛星などその安定的利用に対する脅威も顕在化している。
 本講座では、スペースデブリ等の宇宙利用に対する脅威の現状と、将来の宇宙空間の安定的利用に資する活動に必要な宇宙技術について、その基礎から最新の動向について紹介した。
【プロフィール】
1998年4月 三菱電機株式会社
2003年11月 宇宙航空研究開発機構
2004年4月 防衛大学校 航空宇宙工学科 助手(2007年より助教に名称変更)
2010年4月 防衛大学校 航空宇宙工学科 講師
2012年4月 防衛大学校 航空宇宙工学科 准教授
2016年4月 防衛大学校 グローバルセキュリティセンター 宇宙安全保障分野 研究主幹
2017年4月 防衛大学校 航空宇宙工学科 教授
 

安全保障講座のスナップ写真

受付時のアルコール消毒と入場前検温
   司会の岸川公彦常任理事
     挨拶する金澤理事長
      会場内の様子
    河上教授の講義風景
     田中教授の講義風景
TOPへ戻る