本文へ移動
https://ajda.jp/files/libs/2643/201811151705135913.jpg
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348​
https://ajda.jp/files/libs/2644/201811151705147984.JPG
https://ajda.jp/files/libs/2645/201811151716353356.jpg
 
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

災害派遣 沖縄県CSF(豚熱)撲滅大作戦完遂

陸自第15旅団(沖縄那覇駐屯地)

          城沖縄県知事が感謝の意を表明』
 
 1月8日(水)、沖縄県においてCSF(豚熱)の患畜が確認され、陸自第15旅団長(中村裕亮陸将補)に対し、玉城知事が災害派遣を要請。受理した旅団長は、直ちに第15高射特科連隊長内村直樹1等陸佐を指揮官とする派遣部隊を編成、現地において豚の追い込み・抑え込み・引き出しの殺処分支援、防疫支援、活動物資の輸送支援等を行った。
 この間、旅団長は活動初日に県知事と意見交換を行い、県との早期の連携を促進する等、部隊一丸となって活動を推進した。
 この結果、今回が初体験にもかかわらず、自衛隊の組織力・機動力及び過去の教訓がいかんなく発揮され、円滑な防疫措置に多大の貢献。図らずも、第15旅団の実力を県民に披露する良い機会になったと言えよう。
 13日間に及んだ災害派遣は、1月20日(月)、人員延べ6500名、車両延べ550両の実績をもって終了。
 県庁において、玉城知事から中村旅団長に災害派遣撤収要請書が手交され、席上、自衛隊に対する謝辞が述べられた。
 活動中、響き渡る豚の悲鳴に、心の痛みを覚えた隊員も多い。自衛隊員も温かい血の通った人間。派遣隊員への万全のメンタルヘルスケアが望まれる。
(参考:第15旅団広報資料)
TOPへ戻る