本文へ移動

次へ
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348
 
 
【ご協力・協賛】
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2021年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

各協会の活動記事

歓迎 日仏米共同訓練  宮崎県防衛協会

      防衛協会会報第155号(3.7.1)掲載
 歓迎 「日仏米共同訓練」
         in陸自霧島演習場(宮崎県えびの市) 
  
 令和3年5月11日から17日まで、日仏米豪の4か国による陸上と海上での共同訓練(ARC21)が実施さ
れました。その訓練の一環として5月14日から16日まで、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島演習場において陸上自衛隊、仏陸軍及び米海兵隊による日仏米共同の実動訓練が国内演習場で初めて実施されました。
 今回の陸上と海上における多国間共同訓練は、自由で開かれたインド太平洋のビジョンを一層深化させ、尖閣諸島や台湾周辺で覇権主義的な行動を活発化している中国をけん制する意味で、我が国の安全保障上、大変意義のある重要な訓練ととらえております。
 宮崎県防衛協会は、国防を支えるえびの市有志の会とともに、市役所通りの街路樹等に参加国の国旗を掲げ、横断幕を設置して共同訓練に対する歓迎の意を表しました。
    宮崎県防衛協会  
            市役所通りの街路樹等に掲揚された日・仏・米の国旗の間から霧島演習場を望む
    


                      市役所通りに設置された歓迎の横断幕
    


人命救助の米海兵隊員に感謝状を贈呈    沖縄県防衛協会

防衛協会会報第155号(3.7.1)掲載
沖縄県防衛協会 
   人命救助の米海兵隊員に
       感謝状を贈呈

 
 沖縄県防衛協会は、ハブにかまれた地元沖縄県金武町の高齢の女性を、迅速な救急救命措置により救出したキャンプハンセン所属米海兵隊第31戦闘兵站大隊ジョン・ジェイムス3等軍曹に対し、4月7日(水)に感謝状を贈り、人命救助の功績を讃えました。
 このハブによる咬傷事案は昨年11月に発生しました。現場に居合わせたジェイムス3等軍曹は、咬傷個所を見つけると躊躇することなく友人のベルトを使い、傷口から約4.7センチ上部を圧迫したうえで救急車を要請しました。救急車はすぐに到着し、付近にいたハブを確認後、女性に対して適切な血清を投与することが出来ました。ジェイムス3等軍曹の迅速で適切な処置が女性を救った旨、対応した救急隊員から伝えられました。
 感謝状贈呈式は、キャンプハンセン基地司令部前で行われ、米海兵隊側からは部隊長をはじめ多くの同僚が参加しました。また、防衛協会側からは國場会長、島袋副会長(元名護市長)をはじめ青年部会員を含む多くの有志が参加し、ジェイムス3等軍曹の迅速で適切な救急救命処置を賞賛しました。
 なお、ジェイムス3等軍曹は、現在車両オペレーターの任務に就いておりますが、以前は各国にある米国大使館を警護する海兵隊警備プログラムに3年間所属し、その際、週に1度CPR(心肺蘇生法)や止血に関する医療訓練を受けていたそうです。 
沖縄県防衛協会
       AWARD CEREMONY(感謝状贈呈式)。左からジェイムズ3等軍曹、國場会長、島袋副会長
                 感謝状を手にしたジェイムズ3等軍曹と國場会長
                 沖縄漆器をてにしたジェイムズ3等軍曹と國場会長
         セレモニー参列者の記念写真。中央右へジェイムズ3等軍曹、國場会長、島袋副会長の順
   
             國場会長がキャンプハンセン司令官のレイガーバー大佐を表敬訪問①
   
             國場会長がキャンプハンセン司令官のレイバーガー大佐を表敬訪問②

長野県「佐久平広域防衛協会」設立

            会旗交付式
      防衛協会会報第147号(1.7.1)掲載
 
 広域防衛協会としては全国初
  「佐久平広域防衛協会」設立
 
 平成31年3月29日(金)長野県佐久市において、「佐久平広域防衛協会」が設立され、初代会長に柳田茂大氏が就任しました。
 広域防衛協会としては、全国初発足で、佐久平及び南佐久郡(佐久穂町・小海町・川上村・南相木村・北相木村)の1市2町3村をエリアとします。面積合計は東京23区の約2倍、人口は12万5千人です。設立総会当日における会員数は150人を超え、県下で最大規模となりました。
 本会の特徴は、会員の平均年齢が40代前半、会員の約9割が青年部に所属という活気に満ち溢れた協会です。
 長野県防衛協会を通じ、全国防衛協会連合会に申請されていた、全防協ロゴマーク入り会旗の「会旗交付」イベントが、当日、特別に行われました。会旗は、三原全防協理事から長野県防衛協会の中嶋会長に手渡され、さらに中嶋会長から柳田新会長に交付され、三者の連携を誓い合いました。 
 記念講演会は、佐藤正久外務副大臣により「東アジア最新安全保障情勢」の演題で行われ、講演会場の佐久市浅間会館は超満員の盛況でした。 
 引き続き長野県最古の歴史を誇る佐久ホテルで懇親会が開催されました。アトラクションでは、本会の前途を祝す松本アルプス太鼓の勇壮な響きに酔いしれました。
             (佐久平広域防協事務局)
           柳田会長の挨拶
        講師の佐藤正久氏を囲んで
TOPへ戻る