本文へ移動
https://ajda.jp/files/libs/2643/201811151705135913.jpg
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348​
https://ajda.jp/files/libs/2644/201811151705147984.JPG
https://ajda.jp/files/libs/2645/201811151716353356.jpg
 
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

その他の記事

令和2年北方領土返還要求全国大会に参加    防衛協会会報第150号(2.4.1)掲載

「4島を友好の島にすることが何より重要」と安倍総理
 令和2年2月7日(金)令和初の「北方領土の日」に、「令和2年北方領土返還要求全国大会」が、国立劇場(東京都千代田区)で開催された。
 全国防衛協会連合会からは、松下常任理事をはじめ、事務局長等が参加した。
 第1部は、北方四島の自然の魅力をテーマとしたトーク。
 知床半島から北方四島に至る地域は、世界でも指折りの生物生産性と生物多様性の高い地域の一つである。このうち、知床のみが世界自然遺産に登録されたが、日ロで合意すれば世界遺産公園として発展させることも可能である。「動物に国境はない」との発言は、特に印象的であった。
 第2部は、安倍内閣総理大臣をはじめ、各界各層代表等の挨拶が力強く行われた。
 安倍総理は、「双方が受け入れられる解決策を見つけるための共同作業を精力的に進めていく」と意欲を示した。
 最後に、令和2年大会アピールを採択して閉会。
 元島民の生存者は、現在は6,000名を切り、平均年齢は間もなく85歳を迎える。限られた時間の中で、領土問題の一日も早い具体的な進展が望まれる。
 
 

令和元年度自衛隊殉職隊員追悼式      防衛協会会報第149号(2.1.1)掲載

       献花する佃会長
           佃和夫会長が参列
 
 令和元年10月13日(日)「令和元年度自衛隊殉職隊員追悼式」が防衛省市ヶ谷庁舎A棟2階講堂で執り行われた。自衛隊殉職隊員追悼式は、任務遂行中に不幸にして職に殉じた隊員を追悼するために、防衛大臣の主催により、昭和32年から執り行われているものである。
 顕彰者数は12柱で、顕彰者数累計は平成30年度追悼式まで累計1976柱である。参列者は、御遺族、安倍内閣総理大臣、河野防衛大臣及び歴代防衛大臣等であり、全国防衛協会連合会からは、佃和夫会長が参列し献花した。
TOPへ戻る