本文へ移動

次へ
上記、【日本国憲法と自衛隊】は
1冊200円(税込み)で販売しています。
お問合せは、こちら
TEL:03-5579-8348
 
 
【ご協力・協賛】
 全国防衛協会連合会では、当協会の活動の趣旨にご協力・賛同いただける企業様・事業者様を対象に、当協会ホームページのトップページへのバナー広告掲載を募集しています。ホームページをお持ちの企業や事業者の皆様、PRやイメージアップのため、ぜひご検討ください。
 また、4半期に1回発刊の会報紙「防衛協会報」への広告掲載も募集しております。
 詳細は、全国防衛協会連合会事務局にお問い合わせください。
☎03-5579-8348
2021年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

オピニオン・エッセイ

エッセイ

ASEAN創設50周年記念観艦式  軍事フォトジャーナリスト 菊池雅之氏
2021-07-01
防衛協会会報第155号(3.7.1)
 ASEAN創設50周年
   記念観艦式  
  
 2017年11月20日、タイ中部にあるパタヤにて、「ASEAN創設50周年記念観艦式」が行われました。主催国をタイが務め、ASEAN加盟国やその他招待国など18か国が参加しました。参加艦艇数は、実に37隻にもなりました。
 その前日である11月19日、パタヤ有数の高級ホテルである「ディシタニホテル」にて、開会式が行われました。そこには、各国幕僚長級の指揮官が勢ぞろいし、海上幕僚長・村川豊海将(当時)の姿もありました。
 ホテルの窓からは、錨泊する各国海軍艦艇が見えます。日本でもお馴染みの観閲艦隊と受閲艦隊が相互にすれ違う「移動式」ではなく、錨泊する受閲艦隊の前を観閲艦隊が通り過ぎる「停泊式」のスタイルで行われます。よって、これが本番と同じ体形となります。 
 タイ海軍空母「チェクリナルエベト」の巨大な体躯が目を引きます。海上自衛隊からは護衛艦「おおなみ」が参加しました。その隣には中国海軍の駆逐艦「ヂェンヂョウ」が並んでいます。これは、ASEANグループと外国グループという分け方をされたためでした。
 さて、今回お話ししたいのは、実は観艦式本番のお話ではありません。
 開会式の後、パタヤの海沿いの目抜き通りで、参加国によるパレードが行われることになりました。
 各国メディアは、タイ海軍が用意したバスで、ホテルから会場へと向かいます。そこで、バスに乗り込んだところ、突然激しい雨が降り出しました。台風級の風雨となってしまい、バスは動き出せません。なんとか、弱まったタイミングを見計らって出発したものの、車窓からは何も見えません。「これは、中止だな…」と思っていた私に、タイ海軍広報は、「予定通り実施します。雨は多分止むでしょう」と言い放ちました。
 そんなこと、全く信じられませんでした。
 メイン会場近くの路上でバスは停車しました。しかし、誰も降りる事が出来ないほどの雨が降り続いていました。
 しかし、30分も待つと、信じられないことに、雨がやんだのです。会場に向かうと、道路は完全に冠水していました。ひどい場所では、ひざ下ぐらいまで水が溜まっています。「いくら何でもこれではパレードなどできるはずはない」と落ち込む私の耳に、タイ海軍音楽隊の演奏が流れてきました。驚くべきことに、パレードが始まったのです。みな、脛ぐらいまで水につかり、ジャブジャブと音を立てて行進していきます。そこへ、日の丸を振りながら「おおなみ」乗員も登場。みな顔が強張っているのは当然でしょう。
 私は、こんな最悪なパレードをはじめて見ました。なお、村川氏がのちに「海幕長時代の印象的な出来事」としてこのパレードのことをある本に書かれているのを読みました。
私にとっても、一生忘れることのできない思い出となりました。
                      開会式に参列した村川海幕長(中央)
      錨泊し満艦飾を行っている護衛艦「おおなみ」(右手前)と中国海軍駆逐艦「チェンヂョウ」(左奥)
              水しぶきを上げながらパレードする護衛艦「おおなみ」乗員の勇姿
TOPへ戻る