本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(長崎)長崎県防衛協会の紹介 女性部会関連

目的及び事業

●目的
 本会は社団法人隊友会・自衛隊父兄会、その他目的を同じくする団体と協力して防衛意識の高揚につとめ、自衛隊を支援激励し士気高揚とその任務達成に資することを目的とする。
●事業
1 自衛隊に対する協力支援  
2 県民に対する防衛思想の普及  
3 自衛隊の任務に関する理解を深めるため適時講演会等の開催  
4 自衛隊の部隊・艦艇・航空機及び諸施設等の見学の実施  
5 その他、災害派遣中の隊員の慰問・激励等、前条の目的を達成するためにふさわしい事業

主要役員(平成29年1月1日現在:順不同・敬称略)

 役職名 氏   名( 職  名 ) 
 顧 問 宮内 雪夫  長崎県議会議員
西 日出海  長崎県町村議会議長会 会長
 相談役 小野彰一郎  自衛隊長崎地方協力本部 本部長
 会 長 中村 法道  長崎県知事
 副会長 上田 惠三  長崎自動車 代表取締役会長
前田 一彦  佐世保自衛隊後援会 会長
古川骼O郎  島原雲仙防衛協会 会長
       諫早防衛協会 会長
園田 裕史  大村東彼防衛協会 会長
野口市太郎  五島市防衛協会 会長
吉田 愼一  西海・西彼杵防衛協会 会長
江上 悦生  上五島地区自衛隊後援会 会長
立石 良文  壱岐防衛協会 会長
白石 洋司  対馬防衛協会 会長
友広 郁洋  県北防衛協会 会長
田上 富久  長崎県市長会 会長
一瀬 政太  長崎県町村会 会長
専務理事 山口 賢介  元陸上自衛隊 第3師団長
常任理事 横田  宏  三菱重工業樺キ崎造船所 所長
松瀬 茂雄  佐世保重工業 常務執行役員佐世保造船所長
川元 克明  長崎魚市 代表取締役社長
松岡  武  平戸商工会議所 会頭
竹重 孝一  長崎県隊友会会長
山田 文雄  公益社団法人 長崎県自衛隊父兄会 会長
川谷 邦夫  (社)長崎ふるさとコンシェルジェ理事長
南  宣之  椛蜩造船所 代表取締役社長
相田 正彦  長崎県防衛協会青年部 会長
押渕 礼子  長崎県防衛協会女性部会 会長
反田 邦彦  反田海運 代表取締役社長
田口 克己  鰍モよう長崎 代表取締役
事務局長 児島 伸
監 事 石野 和生  叶e和銀行 取締役常務執行役員

組織構成

区 分 組織名 備  考
役員等 会長等 会長 副会長 専務理事 常任理事 監事
顧問等 顧問、相談役
会員 個人または法人 
事務局 事務局長 児島 伸
自衛隊連携窓口 自衛隊長崎地方協力本部 

地区協会

区 分 名 称 会 長( 職 名 )
地区協会 長崎防衛協会 植松 俊徳
佐世保自衛隊後援会 前田 一彦(佐世保商工会議所会頭)
島原雲仙防衛協会 古川 骼O郎(島原市長)
諫早防衛協会       (諫早商工会議所副会頭)
大村東彼防衛協会 園田 裕史(大村市長)
五島市防衛協会 野口 市太郎(五島市長)
西海・西彼杵防衛協会 吉田 愼一(西彼杵郡長与町長)
上五島地区自衛隊後援会 江上 悦生(新上五島町長)
壱岐防衛協会 立石 良文
対馬防衛協会 白石 洋司(対馬建設 社長)
県北防衛協会 友広 郁洋(松浦市長)

●女性部会創立20周年記念式典開催(会報139号29.7.1)

              創立20周年記念式典開催

 平成29年3月16日(木)長崎県防衛協会女性部会(押渕礼子会長)は、創立20周年記念式典を長崎市中心部のホテルニュー長崎で開催致しました。長崎県内の部隊長の方々や各自衛隊協力団体の皆様をご案内して、65名の方々に参集していただきました。  
 当会は平成8年6月、女性の立場から、我が国の平和と安全に関する諸問題についての理解を深めることを目的に発足し、以来自衛隊の各種行事への参加や支援等の協力活動を行って参りました。  
 式典に続いて、自衛隊体育学校総務課長・1等陸佐中川美佐様に「国際協力活動に携わって」という演題で講演をいただきました。女性自衛官として海外で勤務されたことを中心に、働く女性としてのお話を、会員一同興味深く伺い、毅然としたお姿勢に共感の拍手を送りました。  
 祝賀会では長崎検番の華麗な舞を鑑賞し、充実した中にも華やかな雰囲気で盛会の裡に終了することが出来ました。    
 最後に記念式典の開催にあたり、ご協力いただいた自衛隊部隊長の方々や各自衛隊協力団体の皆様、ご祝電をいただいた全国防衛協会連合会女性部会会長様に心からお礼を申し上げます。
                            女性部会事務局長  神近眞智子

  
    記念式典で挨拶をする押渕会長        講演「国際協力活動に携わって」を行う中川1等陸佐
 


会報特集「九州・沖縄地区紹介」(会報129号27.1.1)

                  長崎県防衛協会
                 
                    児島事務局長

                  「長崎県防衛協会の紹介」
 
 長崎県防衛協会は、今年度創立56周年を迎えました。又昨秋は45年ぶりの国体開催県として県内各地で熱戦が展開され、天皇、皇后両陛下をはじめ多くのお客様に来県いただきました。  

 さて、長崎県には陸上自衛隊相浦駐屯地、大村駐屯地、竹松駐屯地、対馬駐屯地、海上自衛隊佐世保地方総監部、大村航空基地、航空自衛隊福江島分屯基地等が所在する他、米軍佐世保基地があり、防衛に関する県民の関心度は非常に高いと言えます。

 とりわけ、広島とならび被爆県として、平和主義への「思い」が根強い土地柄となっています。  

 長崎県防衛協会の会員数は現在、女性部会を含め182名ですが、先に述べたように、県内各地に部隊が所在し、それらの部隊を応援するそれぞれの市単位の防衛協会が存在し(現在各市等に11団体、約2050名)、地域に根付いた特色ある協力・支援活動を展開しております。

 長崎県防衛協会の活動は、決して派手ではありませんが、防衛協会会報7月号に掲載されておりました澤山常務理事の時評にありましたように「訓練部隊等への慰問激励」を中心に実施しており、その中で長崎県出身隊員と語り、激励することにより、郷土に対する誇りや、愛着を感じてもらえたらと考えております。

                                 長崎県防衛協会 事務局長 児島 伸

女性部会 海自掃海艇慰問(会報114号23.4.1)

          真摯な姿勢に感銘
 長崎県防衛協会女性部会(押渕礼子会長)は、海上自衛隊の掃海艇を慰問した。  
 これは平素、激務を伴う国防の任務に対し感謝するとともに、その任務の重要性を少しでも理解することで、会員の防衛意識の高揚及び、更なる普及活動を図ることを狙いとして実施したもので、慰問品を贈呈した後、ブリーフィングを受け、その後艇内の研修を実施した。  
 機雷処理等、危険を顧みず職務を全うされている隊員の方々の真摯な姿勢に、慰問した会員は、ただ、頭が下がる思いと同時に、深い感銘を受け、隊員の今後益々の活躍と健勝を祈らずにはいられなか った。
   
     艇内での研修風景         艇内での研修風景        艇長室で慰問品贈呈

女性部会 主要活動(平成21年度女性犬種会資料)

【平成20年10月〜平成21年10月1日現在】
11月 ●自衛隊長崎地方協力本部長講話・懇親会 ●全国防衛協会連合会女性研修会
1月 ●九州・沖縄地区防衛協会連絡協議会長崎大会準備委員会
2月 ●建国記念の日奉祝大会 ●役員会 ●県内事務局長等会同
3月 ●第44回九州・沖縄地区防衛協会連絡協議会長崎大会準備委員会 ●フランス海軍入港歓迎行事
4月 ●役員会
5月 ●第44回九州・沖縄地区防衛協会連絡協議会長崎大会準備委員会(ハウステンボス現地調整)
6月 ●役員会 ●長崎県防衛協会総会に伴う講演会・懇親会
7月 ●護衛艦「こんごう」「いかづち」入港歓迎行事 ●役員会(事務局長交代行事)
8月 ●第44回九州・沖縄地区防衛協会連絡協議会長崎大会準備委員会 9月 ●役員会(ぶらぶら節練習)

第44回九・沖地区防衛協会連絡協議会(長崎大会)(平成21年10月6日)

          報道機関からも初参加

              
 九州・沖縄地区防衛協会連絡協議会(蒲島郁夫会長)は、 第44回大会を長崎県防衛協会(金子原二郎会長)主管で平成21年10月6日、ハウステンボス(長崎県佐世保市)で行った。
 県選出国会議員・県会議員、副知事、佐世保市長等、また自衛隊側からは用田西方総監、加藤佐世保地方総監、小野田西空司令官ほか地区所在部隊指揮官等、及び防衛関係団体長等約120名の来賓、並びに会員300余名が参加した。
 大会は女性部会研修会、役員会、記念式典、記念講演及び懇親会の順で行い、活発な意見交換が行われた。特に女性研修会では政権交代で日教組の意向を受け、佐賀県では来年度から小中学校の道徳教育で『心のノート』が配布されなくなったことに関連し、道徳教育への不安が表明された。日教組最大の組織県である大分県も同様の心配があるとの事であった。
 記念講演は「日本地雷処理を支援する会」(JMAS)理事長が行った。
 懇親会には「産経新聞」の野口編集委員と北村九州・山口本部長の参加が見られた。 

対馬防衛協会訪問の紹介(平成20年8月27〜28日)

 連合会事務局妹尾参事が平成20年8月27日から28日にかけて対馬防衛協会を訪問し、白石会長ほか主要役員と懇談を実施した。 その際、対馬防衛協会の概要についての資料を入手したので紹介する。また、妹尾参事の地区訪問感想を付記する。                               
対馬防衛協会とは  
昭和60年6月20日、「対馬の防衛を考える」として、有志が集会し、「対馬島自衛隊増員対策協議会」として発足しています。  その年の12月に対馬警備隊を視察した加藤紘一防衛庁長官に「対馬陸・海・空自衛隊の増強」かわぎりに「対馬警備隊の普通科連隊 規模の増強」を陳情するなど行政と一体となり増員運動を先がけてきました。  以来、会員の皆様の会費によって下記の事業を行い、初代江口一夫氏、2代目柏木寿朗氏、3代目白石洋司氏と引き継がれ、 現在に至っております。  また、国境線対馬に勤務され、国防任務に精励されている陸・海・空自衛隊を支援・協力・激励するとともに(最近ではイラク復興の 人道支援活動に派遣される隊員に対し、激励・慰問)平素から島民の間に防衛意識の高揚を図るなどの活動を続けております。
●会の目的と事業
<目的>
 本会は対馬島における自衛隊の増強を推進し、施設の拡充強化を計り、対馬島防衛の充実並びに地域経済の発展に寄与する。  
<事業>
1 陸海空自衛隊の拡充、強化などの建議並びに陳情  
2 自衛隊と島民との相互理解を深めるための事業   
@ 新入隊員の壮行会  
A 海上自衛隊艦船入港歓迎行事 
B 記念行事の協力 
C 自衛隊音楽隊の協力    
D 災害派遣部隊の激励・慰問 
E 陸海空隊員の激励・慰問 
F 募集及び就職援護協力   
G 機関紙「しまもり」発刊協力    
H 演習見学、一般航海、一般搭乗参加など  
3 防衛思想の普及とその為の研究会、講演会などの実施  
4 その他、本会の目的を達成するための研究会、講演会などの実施。各種、訓練・競技会に対する協力     ●主要役員(懇談等参加:敬称略)  
会長:白石洋司 
副会長:太田憲三・江口栄  
出納長:永瀬正義  
事務局長:小松津代志  
理事:中尾裕治  
監事:岩井忠弘
●地区訪問感想
 元々は「一つの島」だった対馬に、戦略的な視点から運河(瀬戸)開削計画を立て、ロシアの脅威=日露戦争に間に合うよう明治33年  竣工、日本海海戦では水雷艇がそこを通って出動し、バルティック艦隊戦でかなりの成果をあげた「万関の瀬戸」の存在を初めて知り、  当時の海軍・政府等の国を護る意識(大きさ&深さ)と実行力(スケール)に驚いた。

定期総会(平成18年5月17日)

@ 協会等名(会長):長崎県防衛協会(金子原二郎会長)  
A 開催日及び場所:5月17日(水)ホテル・ニュー長崎 (長崎市)  
B 出席者概数:80人  
C 概要・特色等:団結して今後も自衛隊に対する支援を誓う。  
D 防衛講話演題(講演者)
 「最近の防衛を巡る情勢と陸上自衛隊の現状」(陸上自衛隊第4師団長 内田益次郎陸将) 

バナースペース

    長崎県防衛協会

〒850-0862 長崎市出島町2-25
 長崎県防衛協会連絡所
 TEL/FAX095-832-2192

最終更新:29.7.1

補正値:+8896