本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(香川)香川県防衛協会の紹介 女性部会関連


主要役員(平成28年6月現在:順不動・敬称略)

 役職名 氏   名( 職  名 ) 
 名誉会長 佐藤 忠義(四国電力株式会社相談役)
 会 長 常盤 百樹(四国電力株式会社相談役)
 副会長 多田野 栄(株式会社タダノ特別顧問)
久保 智彦(日産プリンス香川販売株式会社取締役社長)
中  博史(中商事株式会社取締役会長)
綾田 裕次郎(株式会社 百十四銀行代表取締役専務執行役員)
泉  雅文(四国旅客鉄道株式会社取締役会長)
 常任理事 山田 公子(株式会社 コトデン広告社代表取締役)
宝田 圭一(株式会社ホテル川六取締役社長)
合田 耕三(株式会社 合田工務店専務取締役)
安友 定吉
 理事長
事務局長
 横井 貴典(株式会社ヨコイ 総務部長)
 理 事
大久保直温(株式会社総合開発 取締役会長)
遠山 誠司(株式会社香川銀行 取締役会長)
鎌田 守恭(株式会社長製衡株式会社取締役会長)
木村 信行(四国機器株式会社代表取締役社長)
家高 順一(株式会社四電工取締役社長)
矢次誠一郎
大西 秀人(高松市長)
梶  正治(丸亀市長)
綾   宏(坂出市長)
平岡 政典(善通寺市長)
白川 晴司(観音寺市長)
大山 茂樹(さぬき市長)
藤井 秀城(東かがわ市長)
横山 忠治(三豊市長)
小野 正人(香川県町村会会長)
岡下 勝彦(高松市議会議長)
村上 幸生(善通寺自衛隊協力会会長)
平井 卓也(公益社団法人香川県自衛隊父兄会会長)
林  政夫(公益社団法人香川県隊友会会長)
山田 誠治(自衛隊香川地方協力本部オリーブ会会長)
池田 耕造(自衛隊香川地方協力本部睦友会会長)
草薙 昭典(香川県郷友連盟会長)
花房ノブ子(花房住宅株式会社代表取締役)
藤澤トヨ子   
宮本 吉朗(株式会社アムロン 代表取締役社長)
多田美佐子
今田 宏子
西應 佳樹(株式会社志渡毎日運送代表取締役)
佐藤 哲也(株式会社久本酒店代表取締役社長)
監 事 本田 展稔(富士ダンボール工業株式会社取締役社長)
江郷 淳子
鈴木 喜弘(三喜工事株式会社代表取締役会長)
 顧 問 浜田 恵造(香川県知事)
黒島  啓(香川県議会議長)
竹崎 克彦(高松商工会議所会頭)
平井 卓也(衆議院議員)
木村 義雄(参議院議員)
大野敬太郎(衆議院議員)
礒崎 仁彦(参議院議員)
瀬戸 隆一(参議院議員)
宮武 良光
柴田 昭市(陸上自衛隊第14旅団長)
酒瀬川友博(自衛隊香川地方協力本部長)
 相談役 蓮井 明博(高松信用金庫理事長)
吉岡  英(日本通運株式会社四国支店長)
多田野康雄(株式会社タダノ特別顧問
氏家チエ子(中澤氏家薬業株式会社相談役)
矢野 年紀(四国興業株式会社代表取締役社長)
直野 次郎

組織構成

 区 分 組 織 名   備  考
 役員等  会長等  会長 副会長 常任理事 理事 監事
 顧問等  
 会 員  法人会員  全市町村が加入
 個人会員  
  支部協会等  市町村協力会  
 女性部会  今田 宏子
 青年部会  辻  佳宏 株式会社萬成社専務取締役
 事務局  事務局長  横井 貴典
 自衛隊窓口  自衛隊香川地方協力本部総務課総務班

支部協会等

 区  分  名  称  会  長
地区協力会   高松自衛隊協力会 西谷 健治
 善通寺自衛隊協力会 村上 幸生(三和工業株式会社代表取締役社長)

主要事業(年度事業計画から)

1 加入団体   
・ 全国防衛協会連合会  
・ 四国防衛協会連合会  
・ 英霊に答える会
2 広報
・ 自衛隊高松定期演奏会  
・ 「防衛協会かがわ」発行  
・ 防衛関係機関紙へ記事投稿
3 慰問
・ 災害・PKO等派遣部隊慰問
4 自衛隊記念行事等への参加   
・ 記念行事(14旅団・15普通科連隊・香川地本)、入隊式(善通寺)  
・ 入隊・入校予定者激励会(高松)   
・ 入港歓迎懇親会主催、善通寺駐屯地納涼祭、定期演奏会
5 広報業務
・ 自衛隊高松定期演奏会主催、カレンダー作成協賛
6 部隊研修   
・女性部研修  
・ 青年部研修  
・ 部隊研修旅行
7 就職援護業務
8 募集業務事業
9 総務業務事業
10 防衛講演会   
・ 女性部役員会・防衛講演会  
・ 青年部総会等・講演会
11 連絡会議   
・ 部隊等長と協力団体長連絡会議主催
12 慶弔   
・ 友好団体総会等参加(父兄会・隊友会・地本)  
・ 慰霊祭等参加(護国神社・掃海殉職者・殉職隊員等)
13 役員会・例会   
・ 役員会  
・ 女性部役員会  
・ 青年部役員会・例会
14 総会   
・ 定期総会  
・ 懇親会  
・青年部総会
15 諸会議   
・ 全国防衛協会連合会(定期総会・理事会・評議員会・女性研修会・青年研修会)  
・ 中国・四国自衛隊協力団体長会議出席

香川県防衛協会護衛艦「おおよど」研修(会報138号29.4.1)

           護衛艦「おおよど」香川県へ寄港
 艦長母校の学生等43名が見学
 香川地本(本部長 1等陸佐 酒瀬川友博)は、平成28年10月16日、17日の2日間、香川県防衛協会(会長 常盤百樹)の部隊研修を支援した。
 本研修は、防衛省・自衛隊の理解と認識を高めることを目的として毎年実施しているもので、今回は会員37名が参加した。
 1日目は、午後から補給艦「とわだ」で最新鋭のシステム等の説明を受けた。てつのくじら館及び大和ミュ−ジアムを見学した。
 2日目の、午前は、海自呉地方総監部を研修。続いて輸送艦「くにさき」の艦艇見学を実施した。この際、県出身隊員後藤1海曹、(小豆島出身)藤原3海曹(坂出市出身)を慰問・激励した。
 午後は、江田島の海自幹部候補生学校及び第1術科学校に移動、教育参考館、旧海軍兵学校から引き続き使用されている海自幹部候補生学校の赤レンガ庁舎を見学した。本研修により、海上自衛隊に対する理解と認識及び会員相互の関係が更に深まった。
 香川地本は、今後も香川県防衛協会との密接な連携を図り、防衛基盤の充実発展に寄与していきたい。
                                              (香川地本)
 
                  
 自衛隊香川地方協力本部(本部長酒瀬川友博1等陸佐)は、1月31日及び2月1日、護衛艦「おおよど」(艦長・佐藤吉範2等海佐)寄港に伴う諸行事を支援した。
 1日目は、艦長の母校である県立観音寺第一高等学校を訪問し、校長(高木信一氏)を表敬。懇談では、艦長からは高校在籍時の思い出や「おおよど」の特徴等について、校長からは、学校の庁舎建替え後の新校舎の概要等について会話がされ、席上、艦長から校長へ記念品が贈られた。 その後、校長の計らいで、新庁舎での授業風景、資料館の見学も実施された。
 2日目は、佐藤艦長が母校の県立観音寺第一高校の学生43名を招待し、艦内の見学及びカレーの体験喫食を実施した。艦内見学では、乗員から、艦内の装備品説明やラッパ吹奏についての説明等があった。ラッパ吹奏では、高校生のラッパ吹奏体験もあった。参加した生徒からは「艦内での仕事をもっと知りたいと思った」といった感想が聞かれた。また、体験喫食において、艦内の食堂で出された「おおよど」特製のカレーライスに、皆が「うまい」と大喜びするほか、おかわりする学生もいて、大好評だった。
 その後、高校の先輩となる佐藤艦長から、歓迎挨拶の後、海自勤務の魅力、「おおよど」の歴史等について説明があり、学生は興味を持って艦長の話に耳を傾けた。最後に、学生代表から、艦長に対し、見学等のお礼の言葉が述べられ、花束が贈呈された。 佐藤艦長は香川県観音寺市出身で、「高校生にとって、あまり海上自衛隊に馴染みがないかもしれないが、この機会にぜひ興味を持ってもらえたら・・・」と感慨深げに語っていた。  
 後日、香川地本広報班長(海上自衛官)によると、「今後とも、艦艇広報の際は、艦長の他に、県出身者の乗員がいた場合、積極的に母校の訪問や艦艇見学を計画して、海上自衛隊員の募集増加になるように、積極的に広報していきたい」との事であった。  
 なお、「おおよど」乗員は金刀比羅宮(通称:こんぴらさん)内にある掃海殉職者慰霊碑のボランティア清掃なども実施した。 (香川地本)   

香川県防衛協会部隊研修(会報137号29.1.1)

           海上自衛隊呉基地、江田島基地研修
 香川地本(本部長 1等陸佐 酒瀬川友博)は、平成28年10月16日、17日の2日間、香川県防衛協会(会長 常盤百樹)の部隊研修を支援した。
 本研修は、防衛省・自衛隊の理解と認識を高めることを目的として毎年実施しているもので、今回は会員37名が参加した。
 1日目は、午後から補給艦「とわだ」で最新鋭のシステム等の説明を受けた。てつのくじら館及び大和ミュ−ジアムを見学した。
 2日目の、午前は、海自呉地方総監部を研修。続いて輸送艦「くにさき」の艦艇見学を実施した。この際、県出身隊員後藤1海曹、(小豆島出身)藤原3海曹(坂出市出身)を慰問・激励した。
 午後は、江田島の海自幹部候補生学校及び第1術科学校に移動、教育参考館、旧海軍兵学校から引き続き使用されている海自幹部候補生学校の赤レンガ庁舎を見学した。本研修により、海上自衛隊に対する理解と認識及び会員相互の関係が更に深まった。
 香川地本は、今後も香川県防衛協会との密接な連携を図り、防衛基盤の充実発展に寄与していきたい。
                                              (香川地本)
       
                  香川県出身隊員の慰問・激励

●香川県女性部会部隊研修(会報133号28.1.1)

         香川県防衛協会女性部の 海自呉研修を支援
 香川地本(本部長:重信1陸佐)は、平成27年10月5日香川県防衛協会女性部32名(今田宏子 女性部長)による海上自衛隊呉地方総監部等への研修を支援した。
 本研修には本部長以下4名が同行。当日朝バスで高松を出発し呉に到着後、歴史ある呉地方総監部庁舎を研修、海上自衛官の説明・案内に熱心に耳を傾けていた。
 その後の香川県出身隊員2名(八代久美子 海曹長、黒島章寿 海士長)の参加を得た昼会食では、女性部からお土産の讃岐うどんを手渡すとともに会員から出身隊員へ激励の言葉をかけ終始和やかな歓談が行われた。
 午後は、掃海艇「あいしま」の艦内を見学後、てつのくじら館、大和ミュージアムを見学し、幕末から戦前戦後の呉の変遷や海上自衛隊の歴史に触れた。日帰りの限られた時間での研修ながら、海上自衛隊への理解が深まり、更なる協力基盤の強化に繋がる充実した研修となった。

       
                    掃海艇前で記念撮影

    

●香川県防衛協会第53回総会(27.5.29)

        浜田香川県知事も参加され定期総会盛大に開催

 香川地本は、平成27年6月29日(月)に高松市内において開催された第53回防衛協会総会を支援した。  
 総会は、2部構成で実施され、1部においては国歌斉唱に引き続き常盤防衛協会会長((株)四国電力:相談役)の挨拶に始まり、感謝状・表彰状贈呈式等が行われ、あわせて国会議員の先生方からのご祝辞に続いて議事が行われた。
 また、香川地本からの報告事項で は、退職自衛官の就職援護等について村上援護課長から退職自衛官を取り巻く社会情勢等就職援護状況を会員の皆様へ説明し退職自衛官の再就職に関する制度や特性の紹介並びに協力依頼を行い、地本としての活動の理解促進を図った。

  
      議事を進行中の常盤会長                  総会参加の会員
 
 2部においては懇親会が行われ、浜田香川県知事及び岸川第14旅団長の来賓祝辞に続き様々な意見交換がなされ、1部では議論しつくせなかった話題に華が咲き、多いに盛り上り上がった。  
 本総会において協力団体の方々の日頃のご支援に改めて感謝するとともに、今後も協力体制を維持・向上させ自衛隊活動に関する適切な情報提供を行い、防衛基盤の育成に寄与していきたい。   (香川地本)

  
       懇親会で挨拶される浜田知事           懇親会で挨拶される重信本部長

香川県防衛協会創立50周年記念行事(128号26.10.1)

           香川県防衛協会創立50周年記念行事

             
                  記念式典で挨拶する常盤会長

 香川県防衛協会(常盤百樹会長)は、平成26年6月28日)、高松国際ホテル(高松市)で創立50周年記念行事を行った。 当日発行された「香川県防衛協会50年のあゆみ」によると、常盤会長は第5代会長とのことである。
 また、『香川県防衛協会は、昭和38年12月に「国土防衛に寄与するため、防衛思想の普及並びに自衛隊の健全な発展に寄与すること」を目的として、会員数約150を以て発足した。
  以来、毎年度組織の拡充を図ると共に、設立目的に沿った種々の諸事業を行い、昨年12月めでたく創立50周年という節目を迎えた。
 昭和46年1月には婦人部(現女性部)が発足、平成7年3月には青年部が発足し、会員数も現在では、800を超えるまでになった。
 これまでの50年という歴史を礎に、これからの50年を見据え、平和国家の維持のため、防衛警備に当たられる自衛隊の皆様方をしっかりと支援したい』としている。

 

●会報「中国・四国特集」(各県からの便り)(会報127号26.7.1)

                   香川県防衛協会
 香川県防衛協会の活動について  香川県防衛協会は、県民に対し防衛の重要性への理解と認識を深める目的として、昭和38年12月13日に発足以来、自衛隊を積極的に激励、支援して参りました。
 その主な自衛隊の行事支援として、音楽隊高松定期演奏会、自衛隊入隊・入校予定者激励会の主催。自衛隊香川地方協力本部の、援護、募集、総務業務への支援等を行っております。
 その中で県出身隊員の慰問激励を、昭和40年の徳島基地の慰問激励から始まり、毎年各基地、各駐屯地に赴き実施しております。
 主な訪問先として、呉地方総監地方隊、松山、日本原、信太山駐屯地、美保、新田原、浜松、小松航空基地、矢臼別演習場等、各地にて県出身隊員と会員との歓談や、お土産に「さぬきうどん」等を送り、古里を遠く離れ日々訓練と業務に励む隊員を激励しております。
 今年、50周年を迎える当協会は、これからも自衛隊の応援団として、活発に活動して参ります。 以上
                       平成26年5月吉日 香川県防衛協会 事務局長 横井貴典

             
                  2012年小松基地慰問激励

会報紹介(123号25.7.1)第51回定期総会

 香川県防衛協会(常盤百樹会長)は、平成25年6月14日(金)高松国際ホテルで、「第51回定期総会」を開催した。

          

女性部会 主要活動(平成21年度全国女性研修会資料)

【平成20年10月〜平成21年10月1日現在】
○平成20年11月21〜22日 全国防衛協会女性研修会出席
○平成21年5月22日 香川県防衛協会役員会
○    6月3日 香川県防衛協会女性部役員会 
○    6月25日 香川県防衛協会総会
○    7月1日 防衛協会かがわ 発行
○    10月28日 香川県防衛協会 女性部部隊研修

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
         東京洋服会館9階

TEL 03-5919-8960 FAX 03-5919-8961


最終更新:29.4.1

補正値:+4620