本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(岡山)岡山県防衛協会の紹介 青年部会関連

 
    岡山城(写真紹介 岡山県防衛協会)            後楽園( 同左 ) 

目的及び事業

●目的
 本会は、岡山県内の防衛意識の普及を図るとともに、自衛隊の健全な育成発展に協力することを目的とする。
●事業  
1 防衛に関する意識を高揚する事業(講演会、映画会、音楽会、見学、機関紙、パンフレットの発行等)  
2 自衛隊の諸行事等に対する協力  
3 隊員に対する激励、慰問ならびに除隊者の就職援護 
4 自衛隊関係団体の行事等に対する協力  
5 岡山県防衛協力連合会の事業に協力  
6 その他、目的にふさわしい事業

組織構成

区 分 組 織 名 備    考
県協会 本部(役員会) 会長、副会長、理事、監事、顧問、相談役
事務局 事務局長
支部協会 倉敷支部 法人会員
個人会員(・一般)
備前岡山支部 法人会員
個人会員(一般・青年部・女性部)
井笠支部 法人会員
個人会員(一般・青年部・女性部)
自衛隊連携窓口 自衛隊岡山地方協力本部企画室

支部協会

区  分 名  称 支部長 備  考
地域支部 倉敷支部 守永 一彦 平成19年4月12日設立
備前岡山支部 藤原 一雅 平成19年6月14日設立
井笠支部 三宅 孝一

岡山県防衛協会役員名簿(平成27年6月現在:順不同・敬称略)

役職名 氏  名( 職  名 )
顧 問 伊原木 隆太 (岡山県知事)        
井元 乾一郎 (岡山県防衛議員連盟会長)
大 森 雅 夫 (岡山市長)
相談役 福 田 一 夫 (岡山県隊友会会長)  
菱 川 克 是 (岡山県自衛隊父兄会会長)
松 尾 幸 成 (自衛隊岡山地方協力本部長)
田 村 勝 己 (元日本植生株式会社顧問)
会 長 泉   史 博 (樺国銀行取締役会長)
副会長  藤原 一雅 (日本地域経済活性化機構会長)
守永 一彦 (守永運輸株式会社代表取締役)
三宅 孝一 (岡山県隊友会副会長)
常任理事 平岩 隆弘 (三井造船葛ハ野事業所取締役玉野事業所長)
丹田 史彦 (JFEスチール叶シ日本製鉄所(倉敷地区)総務部長)
高木 昌悟 (潟gマト銀行 取締役社長)
中島  博 (ナカシマホールディングス 代表取締役会長)
松田 正己 (且R陽新聞社 代表取締役社長)
小嶋 光信 (両備ホールディングス 代表取締役会長兼CEO)
千原 行喜 (叶ャ通 代表取締役)
伊原木省五 (鞄V満屋 取締役社長)
岡崎  彬 (岡山ガス 代表取締役社長)
和氣  健 (岡山市議会議員・防衛議員連盟会長)
岩井 達子 (前岡山県議会議員)
廣野 絢士 (広和印刷椛纒\取締役会長)
萩原 邦章 (萩原工業椛纒\取締役社長)
山川 昌夫 (研精堂印刷椛纒\取締役会長兼社長)
理 事 三宅 定子 (三國ワールド椛纒\取締役)
河本 寿夫 (有限会社河本硝子店取締役)
高山 憲三 (潟Iカビ 会長)
水川  進 (岡山県国際交流協会会員)
中村孝太郎 (岡山県自衛隊父兄会事務局長)
栢野 倫秀 (汲ゥやの事務機代表取締役社長)
阿部 彰廣 (阿部防水代表)
木村 雅一 (潟oン・クライム代表取締役社長)
川上 賢二 (潟宴Cフプラザパートナーズ)
松本 和生 (裳掛食糧企業組合代表理事)
守永 一彦 (守永運輸椛纒\取締役)
内海 紀之 (潟Aライエンス岡山代表取締役)
監 事 岡崎 泰夫 (樺国銀行 常勤監査役)
石井 愛子 (岡山バトン研究所 代表)
事務局 事務局長   藤原 一雅(副会長兼務)
事務局長補佐 川上 賢二(理事兼務)
事務局長補佐 内海 紀之(理事兼務)
事務局    木村 雅一(理事兼務)

備前岡山支部役員名簿(平成27年6月現在:順不同・敬称略)

役 職 名 氏   名( 職  名 )
支 部 長 藤原 一雅 (日本地域経済活性化機構会長)
副支部長 木村 雅一 (潟oンクライム代表取締役)
栢野 倫秀 (汲ゥやの事務機代表取締役)
松本 和生 (裳掛食糧企業組合代表理事)
三宅 定子 (三國ワールド椛纒\取締役)
河本 寿夫 (有限会社河本硝子店取締役)
事務局長 川上 賢二 (潟宴Cフプラザパートナーズ)
理  事 若井 達子 (前岡山市議会議員)
川本浩一郎 (岡山市議会議員)
森田 卓司 (岡山市議会議員)
三宅 宅三 (玉野市議会議員)
金谷 文則 (赤磐市議会議員)
守井 秀龍 (備前市議会議員)
万代 哲央 (和気町議会議員)
原野 健一 (瀬戸内市議会議員)
旭  興二 (隊友会瀬戸内支部長)
内海 紀之 (潟Aライエンス代表取締役)
藤田  武 (元岡山コンクリート工業梶j執行役員
安信 治雄 (安信工業椛纒\取締役会長)
正信 行雄 (正信保険事務所代表)
青山 龍一 (潟Wュエリ青山代表取締役)
森本 幸孝 (叶X本組代表取締役)
白津 允將 (鰍ツくも代表取締役)
監  事 阿部 彰廣 (阿部防水 代表)
沖田  護 (備前市議会議員)

倉敷支部役員名簿(平成27年6月現在:順不同・敬称略)

役職名  氏   名( 職  名 )
支部長 守永 一彦 (守永運輸株式会社代表取締役)
副支部長 中谷 庄吾 (中谷興運椛纒\取締役)
尾上 和英 (且l季彩工務店代表取締役)
理 事 山田 勝則 (自衛隊岡山地方協力本部募集相談員)
豊田 圭宣 (潟jチイ車両代表取締役)
理事(監事) 間野  勲 (間野保険代表取締役会長)
中務 棋九大(神免紙器椛纒\取締役)

井笠支部役員名簿(平成27年6月現在:順不同・敬称略)

役職名 氏   名( 職  名 )
顧問 加藤 勝信 (内閣官房副長官)
松本 眞岳 (浄土宗壽正院住職)
支部長 三宅 孝一 (岡山県隊友会副会長)
副支部長 山本  積 (岡山県隊友会 美星支部長)
橋 秀和 (TKK橋工業梶j代表取締役
齋藤 孝実 (さいとうぶどう園)
國矢田 茂 (宇戸川水産共同組合代表)
岡田 英次 (岡山県隊友会伊原支部副支部長)
用田  進 (フジ商会)
中谷 庄吾 (中谷興運椛纒\取締役社長)
高田省一郎 (山陽運輸機工且謦役業務部長)
女性部部長 上野 和子 (民生委員、退職公務員連盟 井原支部事務局長)
事務局長 齋藤  丘 (有限会社斉藤工業代表取締役)
会 計 江原 晃治 (階Eパートナーズ代表取締役)
監 査 原田 誠二 (岡山県父兄会笠岡支部長
土肥 健利 (岡山県隊友会井原支部長)
理 事 本井 壮一 (井原交通且謦役)
赤田 博文 (岡山県隊友会笠岡支部長)

青年部会役員(平成24年7月現在:順不同・敬称略)

役 職 LOM 氏   名(所属団体) 備 考
部 長 津 山 河本 寿夫  有限会社河本硝子店 取締役
副部長 真 庭 河崎 雅樹  株式会社河崎工務店 専務取締役
理 事 岡 山
倉 敷
児 島
玉 島
笠 岡
津 山
玉 野
西大寺
井 原
備 前
新 見
総 社
高 梁
美 作
中山賢太郎  株式会社中山昇陽堂 代表取締役
岡本 大輔  十合物産株式会社 取締役
藤井 壮大  株式会社桑和 代表取締役専務
小林 尚寛  日章不動産株式会社 代表取締役
金政 一孝  ピレト・かねまさ 代表
佐野 彰彦  株式会社佐野食品 専務取締役
松本 岳史  有限会社山陽クールサービス 取締役
井上 裕嗣  東亜トラベル株式会社 代表取締役
細羽 昌彦  細羽石油株式会社 専務取締役
大西 真司  株式会社大西商店 印刷部 取締役
尾藤 伸祐  和洋菓子司 青柳本舗 パティシェ
松本  明  有限会社ヒュマンテックヒカリ 代表取締役
内田 正之  稲荷神社 宮司
橋本 勝利  有限会社橋本自動車 代表取締役社長
監 事 倉 敷
岡 山
三宅 章夫  三松興業株式会社 代表取締役社長
横部 武宜  株式会社サイドポンツーン 代表取締役
相談役 井 原
玉 島
岡 山
倉 敷
児 島
真 庭
総 社
志多木勝俊  株式会社志多木組 代表取締役
高木  豊  高木金属有限会社 常務取締役
岡崎 正裕  岡崎運送株式会社 代表取締役
豊田 圭宣  株式会社ニチイ車両 専務取締役
藤井 昭佐  藤井行政書士事務所 所長
角南 明彦  有限会社角南 取締役
土師  誠  株式会社勝英自動車学校 代表取締役社長

●会報135号(28.7.1)カップリングパーティー


                  
                備前岡山支部 青年部長  栢野 倫秀

 平成28年12月20日、岡山県防衛協会主催、自衛隊岡山地方協力本部後援による、独身隊員と一般女性によるカップリングパーティが開催された。
 会の趣旨として独身隊員の出会いの場創り出し幸せな家庭を築く一歩にする、 独身女性の方に、自衛隊をより理解をして頂く、防衛協会に入会していただけるよう働きかける、この三つの目標を掲げて行われた。
 最近の自衛隊に対する好印象から定員を遥かに上回る応募があり、 女性54名、隊員31名、計84名の会となった。
  岡山地方協力本部、立石本部長の挨拶から始まり自己紹介、フリートークと 進められた。緊張からかぎこちない空気であったが、酒を交えての歓談に移ると 一気に打ち解けがぜん盛り上がりを見せた。そして我々の予想以上のなごやかな時間を創り出し、あっという間に終了時間を迎えた。
 成果としては四組のカップルが成立をしたが、カップルにならずともお互い連絡先を交換し合い、多くの男女で二次会へと消えていく後姿に今後を期待させる気配を感じさられた。
 また終了後のアンケートから、自衛隊への理解が深まったこと、また自衛隊員との出会いの場を希望する声が非常に多かったことから、岡山県防衛協会として、女性に対して自衛隊への理解のきっかけとなる働きかけを定期的に行う必要性を感じた。
 最後になりますが、この会の成功を陰に日なたに支援をして頂きました岡山地方協力本部の皆様方に心から感謝を致します。 ありがとうございました。大成功でした!
                          岡山県防衛協会 備前岡山支部 青年部長  栢野 倫秀

会報紹介(132号27.10.1)50周年記念行事

             岡山県防衛協会50周年に寄せて

   
    挨拶する泉史博会長    佃和夫全国防衛協会会長の表彰状贈呈(松下常任理事(左)から泉会長)

 岡山県防衛協会は、50周年を迎えました。全国の皆様のご協力に深く感謝申し上げます。この記念の年に新たに井笠支部が発足、着実に自衛隊の支援活動を広く展開しております。
 記念総会では、元陸上自衛隊北部方面総監千葉コ次郎氏に「この国の守り」と題して講演頂きました。氏によると、世論調査では「自衛隊に対する印象」が「良い」が実に92.2%、また「信頼度」は医療機関、裁判官等を抑えて1位、因みに最下位は国会議員でした。
 大きな自然災害や事件を乗り越え、今や、日本国民にとって自衛隊は大きな存在となっています。折りしも集団的自衛権の限定行使を容認する新しい憲法解釈に基づく法律が衆議院を通過しました。
 現在、わが国の周辺は多くの危機に晒されており、中国は南シナ海だけでなく東シナ海にもガス田開発を進めており、専門家によるとこれらはいつでも軍事転用が可能だそうです。
 個別的自衛権も集団的自衛権も、自国を守るため国家に認められた国際法上の権利です。国を守るため覚悟を決めておられる自衛隊の皆さんが、堂々と活動できるよう、国民の理解を深め、早期の成立を願って止みません。
                                    岡山県防衛協会常任理事 若井達子

●会報紹介(130号27.4.1)防衛講座

           防衛講座始まる 第1回は岡山県で開催
 防衛講座は26年度から新規に全国防衛協会連合会で計画された事業である。
 防衛講座は、防衛問題に関する知識、調査研究(領土問題及び防衛意識の現状等)について各都道府県防衛協会等における各会員の理解・認識を深めるために行うものである。
 講座の時間は約一時間半程度で、平成26年度は、2月7日、岡山県防衛協会(泉史博会長)で廣P清一常任理事により行われた。
 平成27年度は、群馬県及び佐賀県並びに希望する各防衛協会等で行われる予定である。防衛講座については理事会・評議員会に先立ち行われた事務局長懇談会でも説明された。
       
                   防衛講座(岡山県)の模様
     

防衛研修会(in岡山)成果報告(27.2.7)

                防衛研修会(in岡山)
               (全国防衛協会連合会説明者派遣)
 本年度より実施することになった「防衛研修」を岡山県防衛協会で実施したが、その成果は以下の通り。
1. 実施の概要:
 ■ 日 時: 2月7日(土) 16:00〜17:30
 ■ 場 所: 岡山県護国神社境内いさお会館
 ■ 参加者: 岡山県防衛協会 会長以下役員、青年部、女性部 計26名
 ■ 説明者: 在京常任理事 廣瀬 清一
2. 説明事項:
(1) 調査研究資料「我が国が抱える領土問題について」
(2) 調査研究資料「我が国防衛意識の現状と今後の課題」
(3) 防衛関連法整備の状況
(4) 最近の防衛問題
 ・国家安全保障戦略と防衛大綱等
 ・集団的自衛権の行使容認 ・防衛装備移転3原則
 ・その他(防衛用語の解説)
(5) 意見交換(懇親会)
3. 主要成果:
 ■ 調査研究資料作成の目的及び記述内容について理解を得た。
 ■ 限られた時間内で様々な防衛問題テーマについて説明できた。
 ■ 懇親会での質疑応答では積極的な質問があった。防衛問題の説明及び普及の必要性を感じた。
  (問題の焦点を説明することの重要性)
 ■ 所見:参考になった。1時間半があっという間に過ぎた。
4. 岡山県防衛協会長他の主な発言等 :  略
      
             説明中の廣瀬清一全国防衛協会連合会理事

●会報紹介「中国・四国特集」(各県からの便り)(会報127号26.7.1)

                   岡山県防衛協会
 岡山県に於ける 防衛協会会員増作戦 岡山県は、古くは楠木正成、児島高徳、和気清麻呂など尊皇の志に溢れた人物を排出した土地柄である。
 しかし、残念ながら現代においては、江田三郎、江田五月代議士、太田薫総評議長など有名な社会運動家を多数生み出している土地柄でもある。特に、ミスター日教組と呼ばれ計30年に亘って日教組の中央役員を務め、現体制を確立した槙枝元文・元日本労働組合総評議会議長の存在は特別な存在だ。  
 ご承知の通り、彼は日教組時代に全国学力テスト反対闘争を仕掛け、宿日直廃止・超勤手当要求闘争では、生徒をほったらかしストライキを行ったことは忘れられない。彼の主張は、詰め込み教育反対、ゆとり教育推進の立場であり、主任制反対、業者テスト不使用運動、学校週5日制の導入運動の指揮者だった。
 また、忘れてならないのは日教組委員長時代、訪朝した北朝鮮人民の生活について、等しく豊かで、理想国家の如く北朝鮮の体制を賛美し、自衛隊について否定し廃しすべしと主張している人物だが、北朝鮮当局に対しては、「強い軍隊を率いることは国の自主性を堅持するうえで欠かせない」と金正日総書記を持ち上げ、勲章をもらい恥じなかった人物であったということだ。にも拘わらず、彼の運動方針は継承され、彼の蒔いた種はもはや完全定着し、今なお岡山県の教育界を席巻しているのである。  
 岡山県知事は教育改革を掲げ、この残渣の取り除きに取りかかっているが、簡単な事では無い。同じように、こうした状況の中で、我々岡山県防衛協会は活動を行っているのであるから、県民の防衛意識を覚醒させることは容易いことではない。  
 そこで岡山県防協は、藤原一雅事務局長の戦略の元、余り堅苦しくない会、即ちビールを飲む会や、美味しい日本酒を楽しむ会を開催するといったソフトなアプローチを仕掛けている。そこに現職の自衛官に制服できて頂き、更には防衛講話をお願いしている。仮に、そんな会は嫌だと言う人は次からは来ないだろうということで続けている。
 幸いにも熱心に聞いて頂ける参加者が徐々に増え、会員の増加に確実に繋がっている。いくら国家の危機を訴える真剣な話でも、相手が身構えては参加しないし、聞いてもらえない。ましてや防衛協会に加入することにはならないと思っている。こうしたソフトな戦略で、少し歪んだ国家の安全保障思想を抱く岡山県民の防衛意識の変化につなげていきたいと頑張っているところである。
                   岡山県防衛協会常任理事 岡山市議会防衛議員連盟会長  和氣 健
             

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349


最終更新:28.111.2

補正値:+5749