本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(島根)島根県防衛協会連合会の紹介

協会概要 主要役員 主要事業 活動紹介
協会概要
目的及び事業

【松江地区防衛協会】
●目的

 本会は、防衛に関する研修とその普及に努め、もって国土防衛に寄与することを目的とする。
●事業
1 防衛に関する認識を高揚、普及する事業(講演会、映画会、音楽会、部隊見学、機関紙及び資料の配布)  
2 自衛隊の諸行事に対する協力  
3 その他本会の目的達成に必要な事業  
【浜田地区防衛協会】
●目的

 本会は、国民の防衛意識の高揚を図り防衛基盤の育成強化にしすることを目的とする。
●事業
(平成19年度事業計画重点施策から)  
1 講演会の開催  
2 防衛に関する調査研究や情報の収集  
3 部隊視察、体験、見学  
4 防衛上・防災上の問題点を自治体へ働きかけ
【隠岐地区防衛協会】
●目的

 本会は、防衛に関する研修とその普及に努め、もって国土防衛に寄与することを目的とする。
●事業
1 防衛に関する認識を高揚、普及する事業(講演会、映画会、音楽会、部隊見学、機関紙及び資料の配布)
2 自衛隊の諸行事に対する協力 
3 その他本会の目的達成に必要な事業

組織構成
 区 分  組 織 名  備  考
 役員等  役 員(松江地区)  会長、副会長、理事(内常任理事1名)、監事
 顧問等(松江地区)  顧問、参与、相談役
 会 員 会 員 (松江地区)  法人、団体、個人
支部協会等  地区協会  松江地区 浜田地区 隠岐地区
 青年部  代表幹事 錦 織 伸 行 (有)錦弘堂食品店専務取締役)
事務局  事務局担当  松江商工会議所
 自衛隊連携窓口  自衛隊島根地方協力本部総務課
主要役員
本部役員
役職名 氏   名( 職  名 )
鳥取県防衛協会連合会会長 久保田 一朗 (梶@山陰合同銀行 会長)
 同 上 事務局長  松 浦 俊 彦
支部役員
地区名称 役職名 氏    名( 職 名 )
松江地区防衛協会
(平成20年6月現在
(役職ごと50音順)
会 長 金 津 任 紀(カナツ技建工業梶j
副会長 桑 原 寿 之(島根県隊友会会長)
錦 織 伸 行((有)錦弘堂食品店 )
山 田 良 治(潟ニコン)
 理 事 赤 木 實 徳(錨会)      小 汀 泰 久(父兄会)
景 山 喬 夫((資)一文字家) 福 留 暢 哉(司法書士事務所)
山 根 義 雄(県連父兄会会長) 湯 浅 研 一(千鳥会)
吉 村日出国((有)魚一)
 幹 事 久保田  龍((有)丸新不動産)坂 根  勝(山陰水道工業梶j
 事務局長 木 村 和 夫(松江商工会議所)
 参 与 浅 野 俊 雄(島根県議会議員) 細 田 重 雄(島根県議会議員)
鞁 嶋 弘 明(東出雲町長)   狩 野 文 男(狩野運送梶j
 浜田地区防衛協会
(平成19年7月現在)
 会 長  岡 田 久 樹
 副会長 牛 尾   昭
尾 林 光 昭
日 下 光 堂
 事務局長 俵   末枝
 隠岐地区防衛協会
(平成19年7月現在)
 会 長 横 地 龍 男
 副会長 佐々木 真憲  
金 田 吉 弘  
岩 佐 照 也  
浮 田 竹 美
 事務局長 藤 野   朗
主要事業

(平成18・19年度の例)
【松江地区防衛協会】
●平成19年度事業報告から

4月  第1回役員会(20日)
   音楽演奏会(スプリングコンサートinはまだ)(22日)
5月  中国・四国地区自衛隊協力団体長会議(山口市)(16日)
   青年部会(23日)
   自衛隊父兄会島根県支部連合会定期総会(21日)
6月  海自艦艇広報(浜田港)(2日)
   島根県隊友会定期総会(出雲市内)(9日)
   自衛隊父兄会支部連合会定期総会(松江市内)(10日)
   全国防衛協会連合会総会(東京)(12日)
   松江地区防衛協会定期総会(16日)  
   19年度第1回島根県自衛隊協力団体連絡協議会(18日)
   島根県自衛隊退職者雇用協議会総会(出雲市内)(26日)
7月  島根地本長送別行事(28日)
8月  中方総監歓迎会(出雲市内)(21日)
   高尾山分屯開庁記念日行事(26日)
9月  海自艦艇「しらせ」入港歓迎行事(14日)
10月  第2回役員会(1日)
   中部方面隊記念行事(伊丹)(20日)
   出雲駐屯地記念行事(21日)
   島根地本長歓迎行事(28日)
11月  自衛隊殉職者合祀祭(3日)
   第13旅団記念日行事(4日)
   島根地本創立1周年行事(23日)
   海自岩国基地研修(29〜30日)
12月  第3回役員会(11日)
   音楽演奏会(ハートフルコンサートinしまね2007)(16日)
2月  第4回役員会 (8日)
   ハートフルコンサート懇親会(8日)
   全国防衛教会連合会常任理事会(12日)
   海自舞鶴総監歓迎行事(13日)
   19年度第2回島根県自衛隊協力団体連絡協議会(19日)
   全国防衛協会連合会妹尾参事歓迎行事等(21日)
3月  全国防衛協会青年部会(15日)
   全国防衛協会理事会及び評議員会(16日)
   「竹島の日」記念行事(22日)
●平成20年度事業計画(前年度とほぼ同じ)
【浜田地区防衛協会】
●平成18年度事業報告から)

5月  島根県隊友会定期総会参加(13日)
   第36回中国・四国地区自衛隊協力団体長会議(17日)
6月  護衛艦「はまゆき・みねゆき」入港歓迎行事(9〜11日)
   島根地連創立50周年記念式典(18日)
7月  浜田地区防衛協会定時総会(2日)
9月  浜田地区防衛協会青年部総会(18日)
   浜田市戦没者遺族連合会追悼慰霊祭(24日)
10月  浜田市合併1周年記念式典(1日)
   出雲駐屯地開庁記念式典(29日)
11月  第13旅団8周年記念式典(13日)
   戦没者合同慰霊祭(17日)
12月  浜田護国神社参拝(8日)
   松江地区防衛協会主催「ハートフルコンサートinしまね2006」協賛、浜田市死葬(20日)
   「海の日」海洋環境連絡会21(25日)
2月  「ハートフルコンサートinしまね2006」反省会(8日)
   UNDOF派遣要員候補者送別激励会(9日)
    海自練習艦隊舞鶴入港艦上レセプション(13日)
3月  自衛隊新入隊員激励会(自衛隊浜田市父兄会主催(4日)
4月  第13音楽隊「スプリングコンサートinはまだ」(22日) 
主要な内容は、次の通りです。細部は省略。


活動紹介
島根県防衛協会青年部


 全国防衛協会青年部会「第15回青年研修大会:山陰大会」等を主管
           下記パンフレット表紙をクリックするとPDF版が見れます。

会報「中国・四国特集」(各県からの便り)

                             全国防衛協会連合会会報第127号(26.7.1)掲載

                   島根県防衛協会

 松江地区防衛協会の活動  島根県松江市に所在する松江地区防衛協会は、会員89名の小さな所帯です。昭和57年4月の設立以来、各種の事業を通して県民の皆様へ防衛思想の啓蒙・普及を努めております。
 最大の事業は、島根根県内最大のコンサート会場である「島根県民会館」で開催している「ハートフルコンサートinしまね」です。本コンサートは、自衛隊に対するご理解をより一層深めて頂きたいとの願いから平成5年から開催しているものです。演奏会は、3部で構成されております。「松江市内の中学校及び高等学校の演奏」、「自衛隊音楽隊の演奏」及び「合同演奏」です。
 また、演奏会には、松江市内を中心とした中・高校・大学校等の98学校長等に対して本コンサートをご案内し、各生徒さんが音楽を鑑賞する機会も設定させて頂いています。演奏会を通じて学校教育もしくは文化事業の一躍を担っております。
 なお、前日には、音楽隊がその演奏学校を訪問し「演奏指導」を実施し演奏技量の上達の一躍も担っているところです。今では、松江地区における毎年の恒例行事として、広く皆様に愛される行事になってきております。本年も22回を迎えるべく現在、青年部会員を中心に準備をしているところです。

         
               ハートフルコンサート演奏模様

平成20年度定期総会(松江地区防衛協会


 松江地区防衛協会は、平成20年6月29日(日)、松江テレサにおいて定期総会を開催し、各議案は承認されました。
 総会次第は、次の通り。  
1 開会のことば  
2 国家斉唱  
3 物故者に対し黙祷  
4 会長挨拶  
5 来賓祝辞  
6 来賓紹介  
7 議長選出  
8 総会議事  
(1) 第1号議案 平成19年度事業報告について  
(2) 第2号議案 平成19年度収支決算報告について  
(3) 第3号議案 役員改選について  
(4) 第4号議案 平成20年事業計画(案)について  
(5) 第5号議案 平成20年度収支予算(案)について  
9 その他 会員加入促進
10 閉会の言葉

写真説明
                                 (写真紹介/説明文:島根県防衛協会)

※出雲大社  大国主神(おおくにぬしのみこと)をお祀りする神社。福の神、縁結びの神として全国的に知られている。十月には日本中の神様が出雲大社にお集まりになることから、出雲地方では神在月(かみありづき)と呼ぶ。本殿は日本で最も古い神社建築様式の大社造りとして国宝に指定されている。

※松 江 城  慶長16年(西暦1611年)堀尾吉晴公が足かけ5年の歳月をかけて完成。以来、18万6千石の居城として松江の歴史をつくりあげてきた。5層6階造りで、高さ30メートルの天守閣からは松江の町が一望できる。お城の一帯は城山公園と呼ばれ、春は桜が競い、夏は蝉しぐれが雑踏を忘れさせてくれる。

※宍 道 湖  島根観光のシンボルとも言える宍道湖は、周囲45Kmの全国で7番目に大きな湖。真水と海水が混ざり合った汽水湖ゆえに魚介も豊かで、シジミやスズキなど宍道湖七珍と呼ばれる。湖内の小島嫁ヶ島(よめがしま)の彼方に沈む夕日の眺めは素晴らしい。2箇所の船着場から、宍道湖を60分かけて周遊する遊覧船も出航している。

※岩見銀山  平成19年7月ユネスコの世界遺産に登録された。かって、徳川幕府の財政を約300年にわたり支えてきた銀山は、最盛期には幕府の天領となり、産出された銀は海外にも運び出された。世界遺産登録後、龍源寺間歩、代官所跡(岩見銀山資料館)及び旧家の町並み等の通称銀山地区・町並み地区は大勢の観光客でにぎわっている。

バナースペース



出雲大社

松江城

宍道湖

岩見銀山

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349

最終更新:30.9.11

補正値:+2404