本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(鳥取)鳥取県防衛協会の紹介 女性部会関連

目的及び事業

●目的
 本会は、鳥取県民広くは国民と自衛隊との善意に基づく相互理解と親睦を図り、防衛思想の普及及び自衛隊の健全な発展に寄与することを目的とする。
●事業
1 防衛に関する認識を高揚する事業(講演会、映画会、音楽会、研究会、部隊生活の体験、部隊見学、パンフレットの配布等)  
2 所在部隊首脳との懇親  
3 隊員の福祉、厚生並びに除隊(退職)者の就職援護に協力  
4 災害又は委託工事派遣隊員の慰問激励  
5 殉職隊員に対する弔問  
6 隊員のスポーツの振興に協力  
7 会員相互の親睦を図る事業  
8 善行(優秀)隊員の表彰  
9 その他本会の目的達成に必要な事項 

主要役員(平成24年10月現在)

 役職名  氏   名( 職  名 )
 顧 問  平井 伸治(鳥取県県知事)        住谷 正仁(自衛隊鳥取地方協力本部長)
 会 長  藤縄 匡伸(26.6新任)
 副会長 坂口清太郎(米子商工会議所会頭)    倉都 祥行(倉吉商工会議所会頭)
堀田  収(境港商工会議所会頭)    今井 陸雄(大山日の丸証券渇長)
 理 事 入澤  宏(鳥取県森林組合連合会代表理事・会長)
高見 俊雄(鳥取県農業協同組合中央会会長) 井木 久博(鳥取県商工会連合会会長)
竹内  功(鳥取県市長会会長)      石   操(鳥取県町村会会長)
宮脇 恵子(鳥取県町村会事務局長)    石破 佳子(鳥取県防衛協会梨花会会長)
宮城 定幸(鳥取県経営者協会専務理事)  川口 正男(鳥取県商工会連合会専務理事)
清水 徹男(鳥取県中小企業団体中央会専務理事) 
坂出  徹(鳥取県商工会議所連合会幹事長) 千原 達郎(米子商工会議所専務理事)
能登 克浩(倉吉商工会議所専務理事)   柏木 祥二(境港商工会議所常務理事)
 幹 事 嶋田 耕一(且R野商事代表取締役社長)  岡野 稔(椛q吉木材市場代表取締役社長) 松本  正(境港土建椛纒\取締役社長)
 事務局長  会見 博範(鳥取商工会議所事務局長)

組織構成

 区 分 組織名  備   考 
役員等   役員  会長、副会長、理事、監事
 顧問等  顧問
会 員   法人会員  
 個人会員  
支部協会等  女性部会(梨花会)  &nbsp会長 石破 佳子;
 青年部会(独立組織)  会長 廣江 智
事務局   事務局長  会見 博範 (事務局担当 鳥取商工振興協会)
 自衛隊連携窓口  自衛隊鳥取地方協力本部総務課広報班

主要事業(平成18年度の例)

●年度事業
4月
 第8普通科連隊新隊員入隊式(祝電)(4日 米子)
5月
 鳥取防衛協会中部青年部定期総会(10日 倉吉)、第36回中国・四国地区自衛隊協力団体長会議(17日〜18日 徳島)  鳥取県防衛協会東部青年部定期総会(26日 鳥取)、空自美保基地航空祭(祝電)(28日)
6月
 鳥取県防衛協会理事会・定期総会(8日 鳥取)、梨花会会定期総会(8日 鳥取)、鳥取県防衛協会西部青年部定期総会(15日)  自衛隊父兄会鳥取県支部連合会定期総会(祝電)(18日 倉吉)、鳥取県自衛隊退職者雇用協議会定期総会(祝電)(23日 鳥取)  鳥取県隊友会定期総会(祝電)(25日 鳥取)、第8普通科連隊新隊員終了式(祝電)(4日 米子)
7月
 入港歓迎行事(主催)(8日〜9日 鳥取港)
9月
 鳥取県防衛協会梨花会部隊研修(13日〜14日 呉・江田島)
10月
 鳥取県防衛協会梨花会防衛講話(7日:鳥取)、第6回全国青年研修大会(祝電)(27日:奈良)
11月
 陸自米子駐屯地記念行事(祝電)(3日)、全国防衛協会女性部研修会(17日〜18日:東京)
12月
 自衛隊鳥取地方連絡部創立50周年記念行事(3日:鳥取)
1月
 鳥取県防衛協会梨花会新年定例会(23日 倉吉)
3月
 自衛隊入隊・入校予定者激励会(共催)(3日・4日・11日 東・中・西部地区3会場)、
 全国防衛協会理事会・評議員会
(通年)  自衛官募集ぽ予備援護協力、防衛基盤の育成・拡充 

●防衛協会会報136号(28.10.1)(入港歓迎セレモニー)

 鳥取県防衛協会(会長藤縄匡伸)では毎年艦艇広報として、鳥取港において護衛艦等の入港歓迎セレモニーを行っている。
本年7月9日(土)は女性初の護衛艦艦長大谷三穂2等海佐率いる護衛艦DD―152「やまぎり」が入港し、鳥取市長、鳥取県危機管理局長など多くの来賓を迎えるとともに、地元自衛隊協力団体からも大勢参加して盛大に歓迎行事を開催した。
「やまぎり」は防衛大学生を乗せて練習航海の途中であり、呉港を出発して玄界灘から日本海を北上するコースにあった。
「やまぎり」へは記念品として鳥取県特産の「砂丘ラッキョ」や「大栄スイカ」が提供された。
午後からと翌日7月10日には一般公開を行い、来艦数は5,493名(昨年は5,161名)であった。
また、大谷艦長との写真撮影の希望者も多かったが、快く応じていただいたことに感謝申し上げたい。  

    
               護衛艦「やまぎり」をバックに記念撮影

  
         艦上ヘリの説明風景                装備品の説明風景

    
                    やまぎりライトアップ

●防衛協会会報第133号(28.1.1)「事務局長訪問

                    鳥取県防衛協会
                  

 鳥取県を訪問し防衛協会事務局長会見博範さんのお話を聞くことができた。
 無料で公開し、2000人規模の「ふれあいコンサート」、鳥取港での「護衛艦等入港歓迎行事」、「自衛隊入隊・入校激励会」を3本柱として活動を行っている。
 今後は、「先ず組織を運営するためには、会員を増やす。会員は自己啓発をするとともに、協会活動に積極的に参加をするように促したい。そうしなければ、この組織の存在感があいまいになる。
 戦後70年、平和安全法制、島嶼問題、中国やロシアとの領土・領海・領空問題など国内での動きや日本を取り巻く環境の変化に気づき、自衛隊の活動をより積極的に支援する発想をもつことが必要である。
     

鳥取県防衛協会青年部連合会(平成27年9月11〜12日)

 全国防衛協会青年部会「第15回青年研修大会:山陰大会」等を主管
           下記パンフレット表紙をクリックするとPDF版が見れます。


●会報「中国・四国特集」(各県からの便り)(会報127号26.7.1)

                 鳥取県防衛協会
                   
                    会長 清水 昭允

 私は今、元気で、喜寿の年となり、昨年末に鳥取商工会議所会頭を定年で後任に譲り、他の会も変わっている。それも若い時から良き先輩に恵まれていた事に感謝している。
 その中の一つが、自衛隊との関わりである。昭和50年頃、中小企業団体中央会内の企業開発クラブに入会した。異業種の集まりで、すばらしい先輩が多く、有益な会だった。
 その中に、自衛隊陸士出身の敬愛する細田さんが居られ、新しい会に入会したのが、自衛隊退職者雇用協議会である。その頃、予備自衛官制度が普及して居り、早期退職者の企業の受け皿が必要になり、此の会が必要となった。弊社でも雇用し、訓練に行っている。昭和58年に設立して活動を始めた。その中の行事に、中・四国地区自衛隊協力団体長会議がある。今年も島根県で先日開催された。
 鳥取では、昭和61年、平成6年、平成15年の鳥取大会から、主催者として、後日防衛庁に、石破茂長官に要請書を出し、平成24年は、防衛省に昇格して、森本大臣に手渡した。
 協力団体は、防衛協会と女性の梨花会、青年部、隊友会、父兄会他となる。基本は、国の防衛で、国民の安心・安全である。そして、自衛隊員の処遇改善と任務、役割と人員確保と憲法における位置付けの明確化である。
 私達は、根気よく、忍耐強く、活動を展開している。今後も地元協力本部と共に歩んでいきたい。
                         平成26年5月吉日 鳥取県防衛協会 会長 清水 昭允

     

平成25年度定期総会(会報124号25.10.1)

                    鳥取県防衛協会
            鳥取県防衛協会総会を支援 自衛隊鳥取地方協力本部

              
                      清水会長の挨拶

 鳥取地本(本部長吉浦健志1等陸佐)は、平成25年6月26日(水)鳥取市内で行われた「平成25年度鳥取県防衛協会定期総会」を支援した。 
 当日、総会には約70名が参加し、平成24年度の決算報告、平成25年度事業計画の報告が行われ満場一致で承認された。
 冒頭で鳥取県防衛協会会長清水昭允氏より、昨年実施した行事について触れ、「昨年は数年に1度しかない大きな行事を行ったが、参加者から賞賛の言葉を多数頂いた。これも会員各位と本日来賓としてご参加下さった方々との団結、協力の賜だと思う。今年も引き続き鳥取県防衛協会の益々の発展と充実を目標に力を尽くしてまいる所存であり、変わらぬご協力をお願いしたい。」と挨拶を述べた。
 その後、来賓の平井県知事、石谷海友会長、野中美保基地司令よりそれぞれ祝辞を頂き、議題審議へと移った。 総会終了後は、航空支援集団司令官(当時)(廣中雅之 空将)による講演(演題「安全保障を考える」国際軍事情勢及び自衛隊の任務と役割)が実施された。
 講演では廣中司令官は多彩な経験をもとに、拡大する自衛隊の任務と日頃の訓練の重要性、そして民間人のバックアップの必要性を判りやすく講演された。途中、航空大事故の実例に及ぶと、会場内で涙を流す女性の方の姿も見られた。 講演終了後は参加者から盛大な拍手が送られ、総会、講演会ともに盛会のうちに閉じられた。
 当日は、人気ロックバンド「B’z」のコンサートが隣接会場で行われた為、防衛協会総会の会場の周辺にはコンサートに並ぶ若者らの「熱気」に溢れた「熱い」雰囲気を醸し出していた。
 鳥取地本は、防衛協会総会の支援を通じ、今後とも防衛基盤の育成、強化に貢献したいとしている。

女性部会「花開く女性部会(北から南から)(会報124号25.10.1)

        『女性部会長に就いて思うこと』
                    梨花会会長 石破 佳子

               

 鳥取県防衛協会梨花会は、昭和46年10月20日に県花20世紀梨の花より名前を頂き設立され、今年42年目を迎えました。現在の会員は県東部・中部を中心に212名です。私自身は昭和62年に入会し、平成15年より会長をしています。会の目的は、「防衛問題に関し理解と認識を深める。」「自衛隊員の激励援護を行い、自衛隊の健全な発展に協力する。」「防衛協会の事業を一体となって支援する。」としています。  
 昨年に行った事業の中からご紹介します。防衛協会の事業は、5月に中・四国自衛隊協力団体長会議が鳥取で開催され、この準備等で協力し参加しました。梨花会の事業としては、10月に高知県に研修旅行を行いました。
 1日目、四国4県の防衛協会女性部との連絡合同会議に参加し、活動状況、自衛隊への支援について等、意見交換し、その後高知女性部の心暖まるおもてなしをいただき、楽しい懇親会の一時を過ごしました。
 翌日は、高知駐屯地へ伺い部隊研修を行いました。第50普通科連隊長のブリーフィング、施設見学、南海トラフについての話、鳥取県出身隊員との会食等を経験し、自衛隊への理解を深めることができました。  
 さて、様々な活動を有意義に行うことが出来るのは、鳥取地方協力本部のご協力とご支援によるものと感謝しています。今後も色々な事業を通じて、防衛への理解と認識を深め、国内外で活躍する自衛隊を応援する会員をさらに増強してまいります。  

第42回中国・四国自衛隊協力団体長会議(平成24年5月23日)

              日本海側の防衛体制の強化を
 鳥取県防衛協会(清水昭允会長)は中国・四国地区9県の自衛隊協力団体長とともに、鳥取において5月23・24日鳥取地本(本部長住谷 正仁1佐)の支援を得て、第42回中国・四国地区自衛隊協力団体長会議を開催した。
 会議には、自衛隊協力団体会長等及び国会議員、県知事、中部方面総監をはじめとする自衛隊指揮官等来賓約百八十名が参加した。  冒頭に同会議実行委員会を代表して、清水会長が「東日本大震災の復旧における自衛隊の活躍には頭が下がる思いだ。協力団体が発信源となり、防衛に対する理解を広げたい。」など挨拶した。
 会議では、「憲法における自衛隊の位置付けの明確化」「自衛隊の任務・役割に応ずる必要な人員・予算の確保」「自衛隊員、予備自衛官等の処遇改善」「災害時、自衛隊と協力団体はいかに連携すべきか」という議題で討議がなされ、日本海側地域の防備体制の強化や憲法に自衛隊の位置付けを明記することなどを求めた意見を集約し、国などに働き掛けることを申し合わせた。
 また、同会議の記念講演では、現防衛省顧問(前防衛省統合幕僚長)折木良一氏により「東アジア情勢と我が国の防衛」という演題で講演が行われた。
 参加者からは「改めて陸海空自衛隊の統合運用の重要性を認識した。」などの声も聞かれ、自衛隊に対する関心の高さが伺われた。  会議はその後、懇親会、翌日の視察研修が実施され盛会裡に終了した。
 鳥取地方協力本部は、今後とも協力団体と良好な関係を構築するとともに、連携強化に努めていくとしている。
            
                     挨拶する清水会長

女性部会 主要活動(平成21年度全国女性研修会資料)

【平成21年度】
○4月20日 第1回理事会
○6月2日 防衛協会定期総会
○7月2日 第2回理事会
○7月19〜20日 入港歓迎行事・歓迎夕食会
○8月9日 ふれあいコンサート(東部)
○9月4日 第3回理事会
○9月15〜16日 明野航空学校部隊研修
○9月24日 第4回理事会 (今後の予定)
○11月1日 防衛講話
○1月30日 ふれあいコンサート(中部)
○1月下旬 新年定例会
○3月上旬 自衛隊入隊・入校予定者壮行会

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
          東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349


最終更新:28.11.2

補正値:+4022