本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(富山)富山県自衛協会の紹介  青年防衛協力会関連

            
            雨晴海岸から観た立山連峰 (写真紹介 富山県自衛協会)

目的及び事業

●目的
 本会は自衛隊を正しく理解し、県民との相互協力の実りをあげることを目的とする。
●事業
1 防衛意識を振興するためのの事業
 (1) 講演会、研究会、座談会等の開催  
(2) 機関紙、パンフレット等の発行  
(3) 映画会、音楽会、展覧会の開催  
(4) 基地及び部隊等の見学  
(5) 会員拡大に関すること  
2 青少年に協力する事業
   (自衛隊の組織、施設、装備等の活用による)  
3 自衛隊に協力する事業  
(1) 隊員の激励及び慰問(災害派遣時、部外工事期、部隊訪問時等)  
(2) 満期退職隊員の就職援護  
(3) 殉職隊員の遺族への弔問及び遺族の就職援護  
(4) 県内にある自衛隊協力団体への協力  
4 会員相互の親睦を図る事業  
5 その他本会の目的達成に必要な事業

組織構成

 区 分  組 織 名  備  考
役員等    会長等  顧問 会長 副会長 理事 監事 幹事
顧問等   
 下院  
 支部協会等  会員  拐取(団体)  
別組織   富山県女性防衛協力会  会長 高 澤 規 子
 富山県青年防衛協力会  会長 藤井 裕久
事務局    事務局長  <松浦 辰夫 (県経営者協会事務局長)/td>高島 亨
 事務局次長  松原 康夫(県経営者協会事務局次長)
自衛隊連携窓口   自衛隊富山地方協力本部総務課地域連絡調整室

支部協会

 会社(団体)名 (役職) 氏 名         会社(団体)名 (役職) 氏 名
朝日町(町長)魚 津 龍 一             魚津市(市長) 澤 崎 義 敬  
魚津商工会議所(会頭)大 崎 利 明         小矢部市(市長)桜 井 森 夫  
上市町(町長)伊 東 尚 志             黒部市(市長)堀 内 康 男  
黒部商工会議所(会頭)川 端 康 夫         富山県軍恩連盟(会長)大 野 俊 雄  
日本郷友連盟富山県支部(支部長)大 野 俊 雄    射水市(市長)分 家 静 男  
射水商工会議所(会頭) 奥 野 忠 正         隊友会富山県支部連合会(会長)谷 原 喜 好  
高岡市(市長)橘  慶一郎             高岡商工会議所(会頭)南 義 弘  
立山町(町長)舟 橋 貴 之             富山県(知事)石 井 隆 一  
(社)富山県経営者協会(会長)井 村 健 輔     富山県商工会議所連合会(会長)犬島 伸一郎  
富山市(市長)森 雅 志              富山商工会議所(会頭)犬島 伸一郎  
富山県商工会連合会(会長)石 澤 義 文       砺波市(市長)安 念 鉄 夫  
砺波商工会議所(会頭)高 野 利 男         富山県農業協同組合中央会(会長)江 西 甚 昇  
富山県中小企業団体中央会(会長)黒 田 輝 夫    富山県自衛隊父兄会連合会(会長)松 島 徹 雄  
滑川市(市長)中 屋 一 博             滑川商工会議所(会頭)斉 藤 慎 一  
入善町(町長)米 澤 政 明             氷見市(市長)堂 故 茂  
氷見商工会議所(会頭)姫 野 貞 夫         南砺市(市長)溝 口 進  
伏木海陸運送 取締役(社長)田 中 清 夫      舟橋村(村長)金 森 勝雄 

主要役員

 役職名  氏   名( 会 員 名)
 顧 問  青 木 紀 男  自衛隊富山地方協力本部本部長
 会 長  稲垣 晴彦  (社)富山県経営者協会会長(23.1.1現在)
 副会長  高 田 憲 一  (社)富山県経営者協会副会長
 理 事 犬島 伸一郎  富山商工会議所会頭      
南   義 弘  高岡商工会議所会頭
姫 野 貞 夫  氷見商工会議所会頭      
奥 野 忠 正  射水商工会議所会頭
大 崎 利 明  魚津商工会議所会頭      
高 野 利 男  砺波商工会議所会頭
斉 藤 慎 一  滑川商工会議所会頭      
川 端 康 夫  黒部商工会議所会頭
森  雅 志  富山県市町村会館管理組合組合長
萩 澤  滋  富山県経営管理部長
石 澤 義 文  富山県商工会連合会会長
 監 事 山 田 和 明  富山県市町村課長     
小 室   修  富山商工会議所専務理事
 幹 事 佐 藤 登  富山県経営者協会専務理事  
宮 崎 公 順  富山商工会議所理事・事務局長
水 和 恒 久  富山県市長会事務局長   
酒 井 三 郎  富山県市町村会館常務理事
松 岡 忠 一  富山県商工会議所連合会事務局長
山 本 勇 宰  富山県商工会連合会専務理事
太 田 廣二朗  富山県中小企業団体中央会専務理事
伊 藤 孝 邦  富山県農業協同組合中央会専務理事

主要事業(平成19・20年度の例)

●平成19年度事業報告
4月  機関紙「らいちょう」発行協力(2日)
6月  定期総会(6日)、体験搭乗に伴う広報協力等(P-3C)(富山空港)(30日)
8月  艦艇体験航海に伴う広報協力等(伏木港)(2日〜3日)、 ヘリコプター&防災フェスティバル協力等(小矢部市)(25〜26日)
9月  体験搭乗に伴う広報協力等(CH-47)(小松空港)(2日)、 体験搭乗に伴う広報協力等(UH-1J)(富山空港)(8日)   金沢駐屯地創立記念行事協力(9日)
10月  体験搭乗に伴う広報協力等(SH-607)(富山空港)(21日)、 富山駐屯地創立記念行事協力(28日)11月  第10師団殉職隊員慰霊祭支援(守山駐屯地)(4日)
12月  定期演奏会共催(9団体)(9日) 3月  春季入隊・入校激励会共催(9団体)(2日)、 高在生パンフレットダイレクトメール作成支援(31日)
●平成20年度事業計画
4月  機関紙「らいちょう」発行協力(1日)
5月  体験搭乗に伴う広報協力等(SH-60)(富山空港)(10日)、艦艇一般公開に伴う広報協力等伏木港(10〜11日)
6月  定期総会(6日)、 艦艇一般公開に伴う広報協力等伏木港(14〜15)体験搭乗に伴う広報協力等(P-3C)(富山空港)(9日)
7月  体験搭乗に伴う広報協力等(P−3C)(富山空港)(5日)
8月  艦艇体験航海に伴う広報協力等(伏木港)(2日〜4日)、ヘリコプター&防災フェスティバル協力等(小矢部市)(23日〜24日)  体験搭乗に伴う広報協力等(CH-47)(小松空港)(下旬)
9月  金沢駐屯地創立記念行事協力(28日)
10月  富山駐屯地創立記念行事協力(12日)、 体験搭乗に伴う広報協力等(UH-1J)(富山空港)(25日) 11月  第10師団殉職隊員慰霊祭支援(守山駐屯地)(上旬)
12月  定期演奏会共催(9団体)(オーバードホール)(30日)
3月  春季入隊・入校激励会共催(9団体)(とやま自遊館)(1日)、 高在生パンフレットダイレクトメール作成支援(31日)

●会報131号(27.7.1)事務局長訪問

                     富山県自衛協会
                    
                       島亨事務局長

 6月3日、富山商工会議所内の(一社)富山県経営者協会の会議室で富山県自衛協会の高島亨氏にインタビューを行った。  
 富山県自衛協会は、昭和38年12月3日に設立、現在の会員は33の団体及び会社である。その内訳は富山県、富山市等の市町村、富山県経営者協会、富山県商工会議所連合会、企業等である。
 富山県自衛協会は、支部等はなく単一組織で、自衛隊富山地方協力本部を支援している。支援内容は、機関紙(らいちょう)の発行協力、定期演奏会の共催、入隊・入校予定者激励会の共催等を行っているとのことである。
 高島亨氏は一人で富山県自衛協会の事務を切り盛りしている。言わば大番頭といったところである。抱負としては「引き続き、自衛隊の理解と親睦を深めるため、必要な時期に必要な支援ができるように富山県自衛協会を維持していくことが大事」と述べた。

  

青年防衛協力会(会報120号24.10.1)

 この度、富山県青年防衛協力会(林不二男会長)の全国防衛協会連合会青年部会への加入により、加入県数は33都道府県となった。  
 同会は以前から富山駐屯地や富山地方協力本部とともに自衛隊の支援並びに県民の防衛意識の高揚に関わる活動を続けており、今回の全国組織加入でさらなる活動の幅を広げることが出来ると林会長は語った。  
 また、現在会員数は39名であるが今回の加盟をきっかけに会員の拡大を図り、数年後には北陸信越ブロック青年部会の設立を目指したいと力強く語った。(全国防衛協会連合会青年部会副会長 鷺岡和徳)
      
        がっちりと握手する右から鷺岡全国副会長、林富山県会長、坂口滋賀県会長    

平成20年度定期総会(平成20年6月6日)

 富山県自衛協会は、平成20年6月6日(金)14時から、自衛隊と山協力本部大会議室において、平成20年度定期総会を開催した。各議案は、それぞれ承認可決された。 総会次第は、次のとおり。
1 開会の辞
2 国歌斉唱
3 副会長挨拶
4 議事
(1)平成19年度事業報告
(2)平成19年度収支決算承認を求めるの件
(3)平成20年度事業計画(案)の件
(4)平成20年度予算(案)審議の件
5 講演   演題「防衛力の意義と役割について」
  講師:自衛隊富山地方協力本部 本部長 青木紀男 氏
6 閉会の辞
            
                       総会風景

女性協力会 自衛隊の認識を変えた写真展(会報100号19.10.23)

 当会(高澤規子会長)は第11回となる「女性の目から見た自衛隊写真展」を7月23-24の両日、県民会館美術館で開催した。約800名の来場者があり、盛況裡に終えた。  
 この写真展が広く県民の理解と支援に繋がったと思われることは、当女性協会の励みとなり、継続して参りたいと思う。  
 「読者のひろば」に掲載された53歳の女性からの感想を紹介します。 『陸・海・空の自衛隊の今を写し出した写真を一堂に展示しているコーナーをはじめ、自衛隊の制服を着るコーナーもあった。  
 20年勤務している自衛隊員の話も聞け、中越沖地震の被災地で活躍する姿、人命救助の現場が生々しく伝わってきた。  
 国民は大きな災害時に随分と自衛隊に支えられているのだな、と実感を持った。  
 国を守るために、あらゆる場所で地道に頑張っている自衛隊の姿を、初めて具体的に目にした。これまでの自分の認識を新たにした展示会だった。」

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒162-0844
東京都新宿区市谷八幡町13
           東京洋服会館9階

TEL 03-5579-8348 FAX 03-5579-8349


最終更新:28.11.2

補正値:+3359