本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(新潟)新潟県自衛隊協力会の紹介

   
      朱鷺(佐渡)(合成写真)                万代橋(新潟市)          

目的及び事業             (写真紹介:新潟県自衛隊協力会)

●目的
 本会は、県民と自衛隊相互の理解親睦を推進し、郷土防衛・災害派遣等に対する自衛隊の使命遂行に積極的な支援を与え、自衛隊の健全なる発展に寄与することを目的とする。
●協会の性格
 本会は、前項に示す目的が県下全域において達成されるため、各自衛隊協力会(防衛協会)との連絡調整、並びに自衛隊の各種行動、行事等の通報、県内及び他県における自衛隊協力支援団体との関係強調を計るとともに、自衛隊に対する理解を図る行事の計画に当ることを主たる任務とする。
●事業
1 単位協力会の結成促進
2 自衛隊の行う災害派遣、演習行事等の受け入れ態勢及び自衛隊の行う民生協力の要請  
3 自衛隊の理解に資する行事の計画実施  
4 自衛官の募集協力及び退職隊員の就職援護支援  
5 その他、本会の目的達成に必要な事項

組織構成

 区分  組織名   備  考
役員等    役員  会 長  県知事
 副会長  県副知事、県市長会会長  県町村会会長、賛助会員理事の職にある者
 理 事  地区選出理事(新発田・新潟・加茂・長岡・柏崎・高田・佐渡の各地方協力本部            地域事務所等管内から選出する各1名の市町村協力会長)  賛助会員理事(会長の推薦する団体を代表する者、県総務管理部長、県市町村課長、            賛助会員)
 監 事  
会員  会員  各自衛隊協力会(防衛協会)、  会長の推薦する団体及び本会の趣旨に賛同する法人(賛助会員) 
支部等   防衛協会等  各市町村協力会
 賛助会員  本会の趣旨に賛同する団体及び法人
事務局   事務局長   小幡 厚子
 自衛隊連携窓口   陸自窓口 自衛隊新潟地方協力本部広報室

新潟県自衛隊協力会会員名簿(役員)(平成26年7月現在)

 区分  役職   氏  名    所属部署等     職 業
役員    会 長 泉 田 裕 彦  新潟県      県知事
 副会長 森   邦 雄  新潟県      副知事
森   民 夫  県市長会長    長岡市長
渡 邊 廣 吉  県町村会長    聖籠町長
高 橋   浩  賛助会      日本通運 新潟支店長
 理 事 寺 井 克 昌  県総務管理部   県総務管理部長
川 上 克 也  県市町村課    県市町村課長

新潟県自衛隊協力会会員名簿(地区)(平成26年7月現在)

 区 分 役 職    氏  名      所属協力団体等     職  業
新発田    監 事 吉 田 和 夫   胎内市自衛隊協力会     胎内市長
 理 事 佐 藤 哲 也   新発田市自衛隊協力会    新発田商工会議所会頭
  大 滝 平 正   村上市自衛隊協力会     村上市長  
渡 邊 廣 吉   聖籠町自衛隊協力会     聖籠町長  
平 田 大 六   関川村自衛隊協力会     関川村長  
田 中 清 善   阿賀野市自衛隊協力会    阿賀野市長
  加 茂  理 事  小 池 清 彦   加茂市自衛隊協力会     加茂市長
   國 定 勇 人   三条市防衛協力会      三条市長
 監 事  大 谷 良 孝   弥彦村自衛隊協力会     弥彦村長
   小 出   茂   三条市自衛隊協力会     会社役員
 長 岡   小 林 忠 司   見附市自衛隊協力会    神官  
田 村 正 幸   湯沢町自衛隊協力会    湯沢町長  
谷 井 靖 夫   小千谷市自衛隊協力会   小千谷市長  
井 口 一 郎   南魚沼市自衛隊協力会   南魚沼市長  
関 口 芳 史   十日町市自衛隊協力会   十日町市長  
大 平 悦 子   魚沼市自衛隊協力会    魚沼市長
 理 事 丸 山   智   長岡市自衛隊協力会     長岡市商工会議所会頭
  柏 崎   小 林 則 幸   出雲崎町自衛隊協力会   出雲崎町長
 理 事 会 田   洋   柏崎市自衛隊協力会    柏崎市長
  品 田 宏 夫   刈羽村自衛隊協力会    刈羽村長
 高 田  理 事 田 中 弘 邦   上越市自衛隊協力会    上越商工会議所会頭
  大 野   清   妙高高原地域自衛隊協力会 会社社長  
植 木   茂   妙高市新井地域自衛隊協力会  食品製造業  
高 瀬   衛   糸魚川市自衛隊協力会   糸魚川商工会議所会頭
 佐 渡  理 事 甲 斐 元 也  佐渡市自衛隊協力会    佐渡市長
 新 潟  理 事 早 川 澄 男   新潟市自衛隊協力会    会社社長
 事務局長 小 幡 厚 子                着物着付け講師

新潟県自衛隊協力会団体名簿(平成26年7月現在)

   役 職    氏 名      所属協力団体等       職  業
       中 野   洸    県議会            県議会議員    
丸 山 勝 総    市議会議長会         市議会議員    
須 貝 龍 夫    町村議会議長会        町村会議員
 理 事 福 田 勝 之    新潟県商工会議所連合会   会社社長
  星 野 範 雄    隊友会新潟県隊友会     専務取締役
藤 田   隆    新潟県消防協会       保育園理事長
早 川 澄 男    自衛隊父兄会新潟県父兄会  会社社長
大 竹 和 夫    新潟県自衛隊援護協力会   会社社長

新潟県自衛隊協力会賛助会員名簿(平成26年7月現在)

新潟県トヨタ自動車        新潟トヨペット        ネッツトヨタ新潟
トヨタカローラ新潟
        新潟日野自動車        中越運送
トナミ運輸叶V潟支店
        新潟いすゞ自動車       新潟運輸
北越メタル
          理事 日本通運叶V潟支店       新商
竃{間組              新菖工業
           潟gーヨービジネス
ANAクラウンプラザホテル新潟    潟lヌエスケイ
         吉野印刷
ラウンジ青野


新潟県自衛隊協力会連合会 定期総会 (会報132号27.10.1)

          平成27年度新潟県自衛隊協力会定期総会を開催

             
                    挨拶する泉田会長

 新潟県自衛隊協力会(会長泉田裕彦県知事)は、6月22日(月)、新潟市内で「平成27年度新潟県自衛隊協力会定期総会」を開催した。  
 今年度は県内各市町村協力会長及び加入団体・賛助企業の21名が出席して開催され、会長の挨拶で幕を開けた。
 続いての会長表彰は、自衛隊に対する親近感醸成及び自衛隊理解促進に尽力した関川村自衛隊協力会(会長平田大六)、並びに南魚沼市自衛隊協力会(会長 井口一郎)が受賞した。
 その後、議長には、県理事でもある新発田市自衛隊協力会長の佐藤哲也氏が指名され、昨年度の活動成果・同収支決算報告、今年度の活動計画・同予算案、及び役員人事について審議され、全会一致で原案どおり承認された。  
 休憩後、今年度は全国防衛協会連合会と共催で、元陸上幕僚長(現三菱重工業(株)顧問)火箱芳文氏を講師として招き「東日本大震災への対応と我が国の防衛」と題して講演会を開催した。元陸上幕僚長が講師ということもあり、定員60名の会場は満員となった。  
 最後に、県内部隊長、協力団体等を来賓として迎えた昼食会が開催され、出席者相互の親睦が更に深まる有意義な一時を過ごした。
                         
  
 共催講演会の挨拶をする廣瀬清一全国常任理事         講演中の火箱元陸上幕僚長

新発田市自衛隊協力会 記念演奏会を共催(会報131号27.7.1)

                   新潟県自衛隊協力会
               新発田市自衛隊協力会 記念演奏会を共催
  
        音楽隊長に花束贈呈               昭和エンタメ歌謡の披露

 新発田市自衛隊協力会(会長佐藤哲也)は、新潟地方協力本部(本部長石井一将1佐)と東部方面音楽隊(隊長田村守3佐)の協力を得て、4月18日、新発田市において市民文化会館リニューアルオープン記念演奏会を開催した。
 演奏会は2部構成で実施され、前段はベルギーの作曲家、ヤン・ウアン・デル・ローストが作曲した「ファイヤー・ワーク」で盛大にリニューアルオープンの幕開けを飾り、満席の観客は華麗な吹奏楽の響きに魅了された。  
 後段は、1960年代に大流行したグループ・サウンドの5曲メドレーに始まり、松田聖子のヒット・メドレー4曲で一気に会場を盛り上げた。  
 ラストは男性音楽隊員による昭和エンタメ歌謡史3曲で締めくくり、同隊員のユーモアあるパフォーマンスに会場内からは笑いがあがる場面もあり、クオリティの高い演出に会場からは「最高」「ありがとう」の声と、割れんばかりの拍手の中、本コンサートの幕を閉じた。

南魚沼市及び長岡市自衛隊協力会 10周年記念  (会報130号27.4.1)

               南魚沼市及び長岡市自衛隊協力会 
             中越地震復旧10周年記念 海上自衛隊東京音楽隊コンサート

 南魚沼市及び長岡市自衛隊協力会は、海上自衛隊東京音楽隊のコンサートを主催した。  

 新潟県は今年、平成16年の中越地震から10年を迎える節目の年にあたり、年度当初から各自治体が行事を行ってきた。同協力会も当時地震による被害が大きかった両地区において1月31日(土)及び2月1日(日)の2日間、南魚沼市民会館及び長岡リリックホールのそれぞれの会場で海上自衛隊東京音楽隊(隊長 2海佐手塚裕之)の支援を得て復興記念コンサートを開催。約13年ぶりとなる中越地区での東京音楽隊のコンサートとあって、新潟地本HPでの告知以降問い合わせが殺到し準備した入場整理券はあっという間に配布終了となった。  

 当日は雪のため足場の悪い日ではあったが、コンサートを楽しみに詰めかける来場者で会場は熱気に溢れていた。

  開演時間となり冒頭で今年度の入隊予定者が紹介され彼らを激励する拍手と共にコンサートが開幕。第1部は「双頭の鷲の旗の下に」に始まり、パーカッション奏者3名による「ハスケルのあばれ小僧」やトランペット奏者3名による「3人の海洋男児」ではその軽やかなパフォーマンスに聞き入り、三宅3海曹が歌う同音楽隊オリジナル曲「祈り―a prayer」では皆がその透き通る歌声に感動した。第1部の最後は同地区ゆかりの大河ドラマの主題歌「天地人」で幕を閉じた。 休憩時間を利用して新潟地本の同地区担当広報官等の紹介行事も実施し、ユーモアある長岡所長のコメントで会場を大いに沸かせた。

 第2部では、男性隊員のボーカルによる「宇宙戦艦ヤマト」に始まり今回注目された三宅3海曹の歌う「レットイットゴー」等親しみやすい楽曲で会場が大いに盛り上がり、長岡会場のアンコールでは中越地震の復興ソングとしても県民に親しまれている平原綾香の「ジュピター」を熱唱すると涙する人もおり予定された2時間はあっという間に過ぎ余韻に浸る中、コンサート終了した。

 終了後見送りをする手塚隊長と三宅3海曹のまわりには握手や写真撮影を求める来場者の長蛇の列ができ大盛況の演奏会であった。 長岡市及び南魚沼市自衛隊協力会の担当者は「市民の皆さんに大変喜んで頂き、自衛隊と市民の橋渡しを目的とする協力会の目的は達成されたものと思う。今後も自衛隊の活動を広く市民の皆さんに紹介するとともに、自衛官募集に貢献していきたい」と感想を述べていた。

 尚、2日目の演奏会前にリリックホールにおいて地元中越高校吹奏楽部28名に対する楽器指導会を実施し、生徒からは「基礎動作等をしっかり教えてもらい大変よかったです」等の声が聞かれた。  

  

胎内市自衛隊協力会    胎内市音楽祭     (会報120号24.10.1)

         久々の自衛隊の演奏に感激  
 胎内市自衛隊協力会(吉田和男会長)は、新潟地方協力本部(本部長吉田賢一郎1佐)及び第12音楽隊(隊長阿部安誌雄2尉)の協力を得て、7月24日に胎内市産業文化会館において「胎内市音楽祭」を開催した。  
 胎内市での同音楽隊のコンサートは平成19年以来5年ぶりで、満席となった。 前段はアイゼンハワー・センテニアル、ガリバー旅行記、オリエント急行等を披露して観客を魅了し、後段は大河ドラマ平清盛のテーマ、スパイ大作戦のテーマなど誰もが耳にしたことのある音楽が中心に演奏され、男はつらいよでは、寅さん役に扮した隊員が登場すると、会場からは笑いと大きな拍手が贈られ満席の観衆を沸かせた。  
 終了後、コンサートマスターの 小林知之2曹が見送りにロビーに出ると、吹奏楽部でクラリネットを担当している中学校の生徒が「かっこよかったです」「クラリネットを担当しているから勉強になりました。ありがとうございました」と小林二曹を喜ばせた。  
 新潟地本では、今後も同町と友好関係を強固にし、募集及び自衛隊の更なる理解促進に努めていきたい」としている。
            
                    吹奏楽部の中学生と

新潟地本       都県募集等連絡会議     (会報117号24.1.1)

      東方管内の都県募集等連絡会議を開催
 11月16日・17日新潟市内全日空ホテルにおいて、東部方面隊管内の23年度都県募集等連絡会議が、新潟地本(吉田本部長)の担当で開催された。  
 本会議は、各都県募集事務主幹部課長に対し自衛隊に対する認識を向上させるとともに連携強化と、組織募集の促進を図ることを目的とするもので、泉田新潟県知事他が各都県から参加し、自衛隊は渡部東部方面総監他が参加した。  
 「防災講話」の後、組織募集のための施策等について討議が行われた。  
 翌17日は各都県参加者が新発田駐屯地でロープ訓練、迫撃砲等の操法訓練の見学、体験試乗、装備展示等を研修した。
             
                防弾チョッキを試着する県職員

新潟県自衛隊協力会   平成23年度定期総会   (会報116号23.10.1)

         自衛隊への協力・支援に尽力
             
 新潟県自衛隊協力会(泉田裕彦会長)は6月28日新潟市内において、新潟地方協力本部(本部長吉田賢一郎1陸佐)の協力を得て23年度定期総会を開催した。
 総会は、県内各市町村協力会長及び加入団体・賛助企業の25名が出席し、副会長の森邦雄県副知事より、県知事でもある会長の挨拶が代読された後、表彰式が行われ永年にわたり自衛隊協力会の活動に顕著な功績があった、妙高市新井地域自衛隊協力会及び賛助会の日本通運株式会社新潟支店が表彰された。
 その後、22年度活動成果・同収支決算報告、23年度活動計画・同予算案、及び役員人事について審議され、原案どおり全会一致で承認された。
 続いて吉田本部長を講師とし「東日本大震災における自衛隊の活動の概要」を演題とする講話が行われた。講話では「災害現場から着任した全国唯一の地本長」と言うキャッチフレーズで、被災地において災害派遣部隊指揮官として活動した当時を振る返り、マスコミを通じては知り得ない現場の苦労話や、心温まるエピソードなど写真を交えて講話し、聴講者の涙を誘う場面もあった。
 新潟地本は、引き続き各自衛隊協力団体との相互信頼のもと緊密な協力関係を維持しつつ、各種の支援及び施策の実施により防衛基盤の更なる醸成を図っていきたいとしており、会員からは、「これまで以上に自衛隊に対する一層の理解と協力並びに支援に尽力したい」との声が相次いだ。

新潟県自衛隊協力会   平成22年度定期総会   (会報112号22.10.1)

      新潟県自衛隊協力会の定期総会開催される
 新潟県自衛隊協力会(泉田裕彦会長)は7月7日、市内中央区ANAクラウンプラザホテルにおいて定期総会を開催した。
 議案審議に先立ち、弥彦村自衛隊協力会(大谷良孝会長)に対し協力会活動の充実発展及び自衛隊の各種行事への積極的な参加と、防衛意識の普及向上に努め、特に、県内外の各部隊基地等を研修し自衛隊の重要性を地域住民に説明する等防衛基盤の育成発展に尽力した功績により表彰状を授与した。
            
                表彰された弥彦村自衛隊協力会長
 続いて弥彦村自衛隊協力会事務局長(弥彦村総務課係長水澤敏明氏)に対し、協力会活動の充実発展及び自衛隊の各種行事への積極的な参加と、防衛意識の普及向上に努め、会勢の充実を図る等健全なる育成発展に尽力した功績に感謝状を贈呈した。
 議案審議においては、収支決算、同予算及び役員人事の各議案が原案通り承認された。
 総会終了後、第46警戒隊長兼佐渡分屯基地司令佐々木金也二等空佐の「日本の空を守る新型レーダー現る」と題する講演を聴講した。
 引き続く昼食会は、鷲尾英一郎衆議、石井修県議及び自衛隊新潟地方協力本部長佐藤未明1佐の祝辞があり、多数の衆参議員、県議員の他、鈴木廣新潟防衛懇話会会長、上村浩子新潟県自衛官募集相談員連合会会長、福田松吉自衛隊新潟地方協力本部を支える会会長、高橋靜新潟県防災局危機対策課参事の防衛関係諸団体長及び山内邦彦第5施設郡長兼ねて高田駐屯地司令他の県内部隊長等の多数の来賓の参加を得て盛大に開催された。
              平成22年度新潟県自衛隊協力会定期総会報告
1 定期総会(10:00〜10:45)
(1)会長挨拶(代読)   副会長 副知事 神 保 和 男
(2)表 彰   会長表彰     
 表 彰 状:  弥彦村自衛隊協力会 (会長 弥彦村長 大 谷 良 孝 氏 )      
       協力会活動の充実発展及び自衛隊の各種行事への積極的な参加と、防衛意識の普及向上に努め、
       特に、県内外の各部隊基地等を研修され自衛隊の重要性を地域住民に説明される等防衛基盤の
       育成発展に尽力された功績。  
感 謝 状: 弥彦村自衛隊協力会 事務局長(弥彦村総務課 係長 水 澤 敏 明 氏 )
        協力会活動の充実発展及び自衛隊の各種行事への積極的な参加と、防衛意識の普及向上に努め、
       会勢の充実を図る等健全なる育成発展に尽力された功績。
(3) 議 事 (議長) 糸魚川市自衛隊協力会 会長  瀬 衛    
 (ア)第1号議案:平成21年度活動成果報告及び同収支決算報告          
          監査報告 監事2名公務で不在のため、事務局長が代行報告 全会一致で承認
 (イ)第2号議案: 平成22年度活動計画及び同収支予算(案) 原案どおり全会一致で承認
 (ウ) 第3号議案: 役員人事(案)承認の件  全会一致で承認(新事務局長に小幡 厚子が承認)
 (エ) 今年度全国防衛協会定期総会概要報告
2 講演会(11:00〜11:50)
(1)講 師  航空自衛隊第46警戒隊長兼佐渡分屯基地司令 二等空佐 佐々木 金 也 様
(2)演 題 「日本の空を守る新型レーダー現る」
3 昼食会(12:00〜13:00)
(1)会長挨拶(協力会代表挨拶)  副会長 日本通運(株)新潟支店長 岡 本  茂
(2)来賓祝辞 
  ○ 衆議院議員 鷲尾 英一郎 様 
  ○ 県議会議員 石 井   修  様           
  ○ 自衛隊新潟地方協力本部長  1等陸佐 佐 藤 末 明  様
(3)来賓紹介  参議院議員 森祐子様代理 内山 航様  同じく 塚田一郎様代理 小根山忠様
         県議会議員 渡辺惇夫様  同じく 澤野修様  同じく 小島隆様     
         新潟防衛懇話会会長 鈴木廣様   新潟県自衛官募集相談員連合会会長 上村浩子様
         自衛隊新潟地方協力本部を支える会会長 福田松吉様    
         新潟県防災局危機対策課参事 橋靜様    
      県内部隊長
        陸上自衛隊第5施設群長兼ねて高田駐屯地司令 山内 邦彦 様  
        海上自衛隊新潟基地分遣隊長         志賀多加志 様
        陸上自衛隊新発田駐屯地業務隊長       大木 健司 様  
        陸上自衛隊高田駐屯地業務隊長        後藤 信彦 様
        陸上自衛隊306施設隊長          村本 和義 様    
        陸上自衛隊第30普通科連隊長代理副連隊長  熊倉 光生 様
        陸上自衛隊第2普通科連隊長代理副連隊長   蔵野 隆洋 様
        新潟防衛事務所長              金川 史郎 様
        航空自衛隊新潟救難隊長代理安全班長     加藤 尚樹 様
        航空自衛隊第46警戒隊準曹士先任空曹    佐藤  亨 様
(4)祝電披露 参議院議員 田中直紀様        
        衆議院議員 筒井信隆様 同じく 西村ちなみ様  同じく 菊田まきこ様
        参議院議員 森 ゆうこ様 同じく   水落 敏栄 様  同じく 塚田一郎様
        衆議院議員 漆原良夫様   
        新潟県議会議員 尾身孝昭様
(5)乾 杯  弥彦村新潟県自衛隊協力会事務局長  水澤 敏明
(6)万歳三唱 新潟市自衛隊協力会 会長 早 川 澄 男(会社社長)
  
会長代理挨拶(副会長 神保副知事)    大谷弥彦村自衛隊協力会長     澤弥彦村自衛隊協力愛事務局長

新潟県自衛隊協力会   平成21年度定期総会  (会報108号21.10.10)

         聖籠町・佐渡市自衛隊協力会を表彰
 新潟県自衛隊協力会(泉田裕彦会長)は、6月30日、新潟市内(ANAクラウンプラザホテル新潟)に於いて、午前10時から定期総会を開催した。
 会長代理挨拶に続き、聖籠町自衛隊協力会(渡邊廣吉会長)並びに佐渡市自衛隊協力会(野宏一郎会長)に対し、防衛意識の普及向上等の功績で表彰を行った後、3議案の審議を行い、いずれも全会一致で了承された。
 その後、新潟地本長佐藤未明1陸佐による「わが国における弾道ミサイル対処について」の講演を拝聴した。
 講演終了後は衆参両院議員(代理)及び石井修県議、並びに鈴木廣防衛懇話会会長、大窪俊秀第30普通科連隊長等、多数の防衛関係団体長や県内所在部隊長を来賓に迎え、昼食会を実施、田畑義和三国フーズ(株)新潟営業所長の乾杯、早川澄男新潟市自衛隊協力会会長の万歳三唱で閉会した。
  
左:会長表彰 代理伝達者(理事 県庁市町村課長 受賞者(佐渡市自衛隊協力会:会長 野 宏一郎代理 佐渡市防災管財課長 中嶋 羊一)   中:会長表彰 代理伝達者(理事 県庁市町村課長)受賞者(聖籠町自衛隊協力会:会長 渡邊 廣吉)                     右:会長代理挨拶 副会長(県町村会長渡邊 廣吉)

魚沼市自衛隊協力会 中越大地震メモリアルコンサート(会報105号21.1.1)

        「心」の復興を願ってコンサート  
 新潟県魚沼市自衛隊協力会(星野芳昭会長)は、新潟地本(本部長 木上英輔1陸佐)の支援と陸自東部方面音楽隊(隊長 志賀亨3陸佐)の協力を得て、20年10月13日、魚沼市と共催で「中越大震災メモリアルコンサート」を開催。1000人を超える市民が訪れた。
 第一部では「ヨーク行進曲」「秋のひとりごと」など、吹奏楽の魅力と音楽隊の実力を発揮する8曲を披露。
 第二部では、「キッチン変奏曲」「崖の上のポニョ」など、老若男女が楽しめる曲目が演奏された。
 同音楽隊所属の矢部1陸曹が作詞・作曲した「伝えたい想いがある」には、中越大震災で被災した方々に勇気を与える歌詞があり、聴衆は感涙していた。
            

新潟県自衛隊協力会   平成20年度定期総会   (会報104号20.10.1)

         自衛隊への理解と支援を
 新潟県自衛隊協力会(泉田裕彦会長)は、7月7日、新潟地本(地本長 木上英輔1陸佐)の支援を受けて、新潟市内で定期総会を開催した。
 総会には、各市町村自衛隊協力会長及び加入団体・賛助企業から34名が出席。会長挨拶では、全国防衛協会連合会から受賞した村上市及び十日町市自衛隊協力会が紹介され、続いて長年に亘る顕著な功績が認められた新潟市及び糸魚川市自衛隊協力会に表彰状が贈呈された。
 議長(早川新潟市協力会会長)の進行で、前年度の活動成果報告、今年度の活動計画、全国防衛協会連合会HPへの掲載内容、人事案件等を審議、原案通り承認可決した。  
 その後、前統合幕僚長先崎一氏が「我が国の安全保障と自衛隊」の演題で講演、世界で活躍する自衛隊の紹介があった。
 最後の昼食会では、来賓に迎えた国会議員等から「自衛隊へのより一層の理解と協力・支援に力を尽くそう」との祝辞があり、親睦を高めるとともに有意義な総会となった。
 
     新潟地本 定期総会を支援            定期総会において講演する先崎元統幕長

見附市自衛隊協力会   平成20年度定期総会   (会報104号20.10.1)

          100名余が総会に参加
 見附市自衛隊協力会(小林忠司会長)は7月4日、、新潟地本・長岡出張所(所長 吉田一彦3陸佐)の支援を受けて総会を開催した。平日の昼間にも拘らず約100名が参加した。
 総会後の講演では、木上地本長が、中越沖地震を中心にして災害派遣における自衛隊の活動を分かり易く説明。テレビや新聞が報道しない活動に参加者は感銘を受けていた。
            
                見附市自衛隊協力会で講演する木上地本長

新潟県自衛隊協力会 活躍する自衛隊協力会(特集)(会報103号20.7.1)

   新潟市・糸魚川市自衛隊協力会 入港歓迎式を実施
 新潟市及び糸魚川市自衛隊協力会(早川澄男及び高瀬衛会長)は5月17日、「平成20年度春季新潟県艦艇広報」のため新潟西港及び姫川港に海自艦艇を迎え、入港歓迎式を実施した。
 会長らが「入港を市民が待ち望んでおりました。心から歓迎いたします」と熱いメッセージを贈ると、県出身の司令が「艦艇広報を通じて海上自衛隊の仕事ぶりを見て・知って頂きたい」と挨拶した。  
 なお、早川会長は自邸の敷地に看板を立て、募集広報に協力している。
 
                               ポスター更新(早川会長ご夫妻)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 村上・岩船地区自衛隊協力会連絡協議会 新潟地本長から感謝状
 村上・岩船地区自衛隊協力会連絡協議会(片野猛会長)は、4月2日、村上市内で意見交歓会を開催。席上、連絡協議会設立に貢献すると共に、県民と自衛隊の架け橋となって防衛意識を啓蒙し、また自衛隊各種行事を積極的に支援した功績に対し、本部長から片野猛会長、瀧波重平副会長及び片野鉄雄会員の3氏に感謝状が贈呈された。
 また、関川村自衛隊協力会(平田大六会長)でも、同日、高橋市太郎副会長及び佐藤袈裟之理事が、募集情報の提供や自衛隊各種行事を熱心に支援した等の功績で本部長感謝状を受賞した。
            
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  長岡市自衛隊協力会      長岡 設立総会など開催
5月22日は、長岡市自衛隊協力会が設立総会を開催。初代会長には田村巌長岡市商工会議所会頭が就任した。  総会には長岡市長をはじめ、国会・県会議員、新潟地本長、第2普通科連隊長など約60名が参加した。

長岡市栃尾自衛隊協力会  新発田駐屯地研修    (会報101号20.1.1)

         日本最古の白壁資料館など
 長岡市栃尾自衛隊協力会(大崎 與会長)は、新潟地本 長岡出張所(所長 橋場高男1陸尉)の支援を受けて、11月6日、陸自新発田駐屯地を研修した。
 平日にもかかわらず32名の会員が参加。駐屯地広報の案内で、自衛隊資料館として日本一古いとされる「白壁資料館」の前で記念撮影、その後館内に展示された旧軍時代から昨年のイラク派遣時までの展示品を熱心に見学した。引き続き、厚生センターに移動、売店で日用品等を購入する隊員の姿等、日常生活の一端を研修し、自衛隊についてさらに理解を深めた様子であった。
            
                     新発田駐屯地研修

朝日村自衛隊協力会   閉村記念演奏会      (会報101号20.1.1)

          閉村記念演奏会を開催
 朝日村では、4月の閉村(合併で村上市となる)を前に「自衛隊の音楽隊を呼んで!」との村民の要望が殺到。   それに応えて、朝日村自衛隊協力会長でもある鈴木源左衛門村長が、新潟地本(本部長 木上英輔1陸佐)及び陸自第12音楽隊(隊長 村上康広1陸尉)の協力を得て、19年9月30日、朝日村総合文化会館で「朝日村閉村記念・第12音楽隊・朝日中学校合同演奏会」を実施した。
 第一部では、朝日中学校吹奏楽部顧問の本保先生指揮による「Kingcotton」「ルパン三世のテーマ」「カルメン」の3曲を中学生と音楽隊が合同演奏。
 第二部では、音楽隊が「魔女の宅急便」「涙そうそう」を披露。 最後は村民が心を込めて「ふるさと」を合唱、閉村記念行事にふさわしい思い出に残る演奏会となった。
            
              陸自12音楽隊と合同演奏する朝日中学校生徒

新潟市自衛隊協力会  輸送艦「くにさき」入港歓迎   (会報101号20.1.1)

協力会 幟などで歓迎
新潟市自衛隊協力会(早川澄男会長)は、新潟地本 新潟募集案内所(所長 松田心司1空尉)の支援を受けて、10月1日、新潟西港山の下埠頭において、海自輸送艦「くにさき」(艦長 肝付隆治2海佐)の入港歓迎式及び入港歓迎パーティーを実施した。  歓迎式では、歓迎″の文字入り紫紺の横断幕を展張し、テント周辺には「新潟市自衛隊協力会」の幟を立て、第1輸送隊司令(小島英伸1海佐)以下の乗組員が岸壁に整列する中、会長及び新潟港湾事務所長が歓迎の言葉を述べ、続いて新潟大学の大学院生が司令及び艦長に花束を贈呈した。  夕方は、市内ホテルにおいて入港歓迎パーティーを主催、地元選出国会議員代理、県議会議員、市議会議員が多数来賓として出席した。
            

新潟市自衛隊協力会   看板設置で早速反響   (会報100号19.10.23)

 新潟市自衛隊協力会(早川澄男会長)は、新潟地本(本部長 木上英輔1陸佐) 新潟募集案内所(所長 松田心司1空尉 )に、募集看板を寄贈した。  
 看板は、道行く人や付近の高校生の目に触れることにより「自衛隊に対して、少しでも関心を持ってもらえれば」と、会長が手作りで自宅前に設置したものである。  
 所長及び地区担当の田村広報官が会長立会いの下、初掲示を行うと、早速、近所の方々から「立派な看板らねっけ!」と声がかけられ、夕方には早くも募集についての問い合わせがあった。
           
           新潟市自衛隊協力会長宅に設置された看板(左が早川会長)

新潟県自衛隊協力会と県下協力会活動

新潟県自衛隊協力会      定期総会       (平成19年6月26日)
               市内ホテルで総会 連合会表彰者紹介など  
 新潟県自衛隊協力会(泉田裕彦会長)は、新潟地本(本部長・木上英輔1陸佐)の支援を受けて6月26日、新潟市内のホテル新潟で総会を開催した。
 総会には県内各市町村協力会長及び加入団体・賛助企業から35名が出席した。
 会長挨拶(代読)に続き、全国防衛協会連合会会長表彰受賞者紹介並びに長年に亘る顕著な功績者の会長表彰を実施した。
 議案審議の後、県防災局危機対策課の災害対策担当参事高橋静氏が「今後望まれる危機管理について」の演題で講演。その後は県選出国会議員等を迎えて昼食会を実施した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新潟市自衛隊協力会      定期総会        (平成19年6月17日)
                 入港歓迎の横断幕披露
 新潟市自衛隊協力会(早川澄男会長)は5月23日、新潟募集案内所(所長・松田心司1空尉)の支援を受けて理事会を、続いて6月17日、総会を開催した。
 理事会では、地本が新潟中央埠頭で実施する「サマーメモリーin新潟」(8月3日〜5日)において、当協力会が主催する艦艇入港歓迎行事で使用する「国旗」、「自衛艦旗」及び「歓迎」の文字入り横断幕を作成した旨の報告とお披露目及び入港歓迎行事・レセプションの実施要領について話し合った。また、本協会が計画中の研修旅行案を発表した。
 総会では、空自新潟救難隊の木戸隊長が「航空自衛隊の救難活動」の演題で、3年前の中越地震や水害、山岳地での捜索等の紹介や、救難員になるための訓練ビデオが上映して講話。  
 その後の懇親会では、受賞した感謝状の紹介等が行われ、また吉田六左エ門衆議院議員ほか県市議等が会員を激励する場面が散見された。
            
  右から本里事務局長(立位)、早川会長(正面)、熊倉理事(正面横向き)、見田先任広報官(立位)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
阿賀野市自衛隊協力会  阿賀野市ふれあいコンサート  (平成19年6月10日)
 阿賀野市自衛隊協力会(涌井政太郎会長)は、水原総合体育館で6月10日に市の主催で行われた「阿賀野市ふれあいコンサート」(新潟地本及び海自横須賀音楽隊(隊長=河邊一彦3海佐)の協力)を支援した。  
 演奏は、本田富雄市長と涌井政太郎阿賀野市自衛隊協力会長の挨拶で開幕、第一部での、副隊長(小林一孝1海尉)指揮による、「ディズニープリンセスメドレー」、「朧月夜」や、澤辺3海曹による「島唄」の熱唱に聴衆は歓喜した。
 第二部では、隊長指揮で「はるかなる海へ(隊長作曲)」「パイレーツオブカリビアン」、特に最近の話題曲である「千の風になって」では、隊長自らがテノール独唱を披露すると、会場のあちらこちらから手拍子がわき起こるなど、会場の聴衆と一体となった演奏が行われた。
            
                   花束を受ける音楽隊長
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
糸魚川市自衛隊協力会       定期総会            (平成19年5月31日)
                     女性部が誕生
 昨年4月発足した糸魚川市自衛隊協力会(瀬衛会長)は、高田地域事務所(佐藤均所長)の支援を得て5月31日、ヒスイ王国館で定期総会を開催。
 19年度の事業計画及び予算のほか、規約改正で女性部(遠藤紀美子部長)の新設が満場一致で承認された。
            
             写真は挨拶する初代女性部長と木上地本長・瀬会長
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
聖籠町自衛隊協力会  町制30周年記念行事(12音音による演奏会)   
 聖籠町自衛隊協力会(渡邊廣吉会長)は、聖籠町と共催で、新潟地本の支援を得て、「町制30周年記念事業 陸上自衛隊第12音楽隊演奏会」を実施した。  
 会長を兼ねた町長の挨拶で演奏会が開演。行進曲「雷神」「アヴェマリア」や人気グループ オレンジ・レンジの「花」、「演歌メドレー」など、吹奏楽の定番曲から最新ヒット曲まで幅広く12曲が演奏され、会場を埋めた聴衆を魅了した。
            
                  定番曲から最新ヒット曲まで

新潟県自衛隊協力会   平成18年度定期総会   (平成18年7月4日)

@ 協会等名(会長):新潟県自衛隊協力会 (泉田裕彦会長)
A 開催日及び場所:7月4日(火)ホテル新潟(新潟市)
B 出席者概数:40人
C 概要・特色等:弥彦村及び聖籠町自衛隊協力会長に連合会会長表彰が会ったことが紹介された
D 防衛講話演題(講師)「国民保護体制の現状と今後の課題」 依田智治氏 (全国自衛隊父兄会会長)

バナースペース

新潟県自衛隊協力会

〒951-8035
新潟県新潟市中央区船場町2-3423

TEL 025-229-3232 FAX 025-229-0320


最終更新:28.11.2

補正値:+6847