本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

地区紹介(岩手)
自衛隊協力会岩手県連合会の紹介

協会概要 主要役員 主要事業 活動紹介
協会概要
目的及び事業

●目的
 本連合会は、岩手県内の各自衛隊協力会の連携を密にして自衛隊協力会の充実を図り、もって我が国自衛隊の健全な発展に寄与することを目的とする。
●事業
 1 会員相互の連絡、協調を図ること
 2 防衛等に関する講演会、懇談会の開催及び開催の斡旋
 3 自衛隊協力関係団体との連絡協調を図ること
 4 自衛隊の行事に協力援助すること
 5 自衛隊員の募集及び除隊員の就職斡旋等の協力
 6 会員の総意に基づき、関係機関に申し出ること
 7 前各号に掲げるほか、本連合会の目的を達成するに必要な事業

組織構成
区  分 組 織 名 備  考
役 員 等 役員 会長、副会長、理事、監事
名誉会長等 名誉会長、顧問、参与
会員 岩手県内の市町村自衛隊協力会
支部協会 市町村自衛隊協力会 各市町村自衛隊協力会の通り
事 務 局 事務局担当 盛岡商工会議所内 (総務企画チーム・企画広報グループ)
自衛隊連携窓口 岩手駐屯地 司令業務室

主要役員
本部役員
役 職 氏  名 職  名 氏  名 職  名
会 長 熊谷 祐三 盛岡市商工会議所常議員
副会長 小鯖 利弘 釜石市自衛隊協力会長 山下 修治 宮古市自衛隊協力会長
岩淵 善朗 大東町自衛隊協力会長 田村 正彦 自衛隊八幡平市協力会長
沼崎 喜一 山田自衛隊協力会長 阿部 正喜 滝沢村自衛隊協力会長
本木 正幸 花巻市自衛隊協力会長 菅原  實 自衛隊千厩地域協力会長
八重櫻友夫 自衛隊久慈市協力会 元持 勝利 盛岡商工会議所会頭
理 事 掛川 秀邦 自衛隊大船渡協力会 大森 忠雄 一関地区自衛隊協力会長
佐藤  純 自衛隊二戸市協力会長 熊谷  茂 花巻市自衛隊協力会石鳥谷支部長
瀬川  繁 自衛隊東和町協力会長 藤原  孝 紫波町自衛隊協力会長
山陰 一磨 花巻市自衛隊協力会大迫町支部長 畠山 正一 自衛隊藤沢町支部会長
高橋 賢輔 和賀町自衛隊協力会長 嵯峨 忠雄 玉山区自衛隊協力会長
高橋 幹雄 北上市自衛隊協力会長
監 事 深谷 政光 雫石町自衛隊協力会長 川村 光朗 矢巾町自衛隊協力会長
山田 耕二 盛岡市自衛隊協力会監事
役 員 松 喜一 遠野市自衛隊協力会長 菅野  稔 自衛隊陸前高田市協力会長
金崎  潔 大槌町自衛隊協力会長 民部田幾夫 自衛隊岩手町協力会長
水上 信宏 洋野町自衛隊協力会長 赤坂 啓吾 岩泉町自衛隊協力会長
鈴木 重男 葛巻町自衛隊協力会長 伊藤 武人 東山地域自衛隊協力会長
畠山 保幸 田野畑村自衛隊協力会長 加藤 博市 西和賀町自衛隊協力会
道合 政喜 普代村自衛隊協力会長 紺野 一夫  住田町自衛隊協力会長
支部役員
区  分 名   称 会  長 職   名
盛 岡 市 盛岡市自衛隊協力会 熊谷 祐三 会社役員
玉山区自衛隊協力会 嵯峨 忠雄
滝 沢 村 滝沢村自衛隊協力会 阿部 正喜
一 関 市 一関自衛隊協力会 大森 忠雄 消防団長
自衛隊千厩地域協力会 菅原  實
大東町自衛隊協力会 岩淵 善朗
東山町自衛隊協力会 伊藤 武人 マルイ商店
陸前高田市 陸前高田市自衛隊協力会 菅野  稔
大船渡市 自衛隊大船渡協力会 掛川 秀邦
藤 沢 町 自衛隊藤沢町支部 畠山 正一
住 田 町 住田町自衛隊協力会 紺野 一夫 町議長
北 上 市 北上市自衛隊協力会 高橋 幹雄 自営業
和賀町自衛隊協力会 高橋 賢輔 県議員
花 巻 市 花巻市自衛隊協力会 本木 正幸 会社役員
自衛隊東和町協力会 瀬川  繁 農業
花巻市自衛隊協力会大迫町支部 山影 一磨 会社役員
花巻市自衛隊協力会石鳥谷支部 熊谷  茂 会社役員
八幡平市 自衛隊八幡平市協力会 田村 正彦
岩 手 町 岩手町自衛隊協力会 民部田 幾夫 町長
葛 巻 町 葛巻町自衛隊協力会 鈴木 重男
雫石町 雫石町自衛隊協力会 深谷 政光
宮 古 市 宮古市自衛隊協力会 山下 修治
釜 石 市 釜石市自衛隊協力会 小鯖 利弘 会社役員
大 槌 町 大槌町自衛隊協力会 金崎  潔 役員
山 田 町 山田町自衛隊協力会 沼崎 喜一 町長
岩 泉 町 岩泉町自衛隊協力会 赤坂 啓吾
田野畑村 田野畑村自衛隊協力会 畠山 保幸
普 代 村 譜代村自衛隊協力会 道合 政喜
遠 野 市 遠野市自衛隊協力会 小松 喜一 農業
紫 波 町 紫波町自衛隊協力会 藤原  孝 町長
矢 巾 町 矢巾町自衛隊協力会 川村 光朗 町長
久 慈 市 久慈市自衛隊協力会 八重櫻友夫
二 戸 市 自衛隊二戸市協力会 佐藤  純
洋 野 町 洋野町自衛隊協力会 水上 信宏
西和賀町 西和賀町自衛隊協力会 加藤 博市

主要事業

                平成23年度・24年度の例

●平成23年度事業報告
1 概要
 岩手県内の自衛隊協力諸団体は、海外派遣が続く状況を踏まえ、岩手駐屯地隊員が海外に派遣される際に隊員や園家族を支援し、抱える不安を払しょくするとともに、地域住民からの応援を推進するため、一昨年7月13日に自衛隊岩手駐屯地海外派遣隊員支援実行委員会を設立いたしました。  しかし、昨年3月11日の東日本大震災が発生したことから、震災からの復旧・復興支援任務に取り組む陸上自衛隊岩手駐屯地を支援することを目的に名称を変更し、被災地で活動する自衛隊員に対し支援を行いました。
2 会議
  監査会(4月21日):平成22年度収支決算について
  役員会(4月21日):海外派遣隊員支援実行委員会 ⇒ 復興活動支援実行委員会(名称・活動の変更)
3 支援事業等
 4月  被災地復旧支援隊員への慰問(3日&22日:県内沿岸地域)
 5月  全国防衛協会連合会役員の慰問(7日:盛岡商工会議所)
 6月  自衛隊災害対策本部への慰問(25日:岩手県庁)  海外派遣隊員帰国参拝(14日:盛岡八幡宮)
 7月  自衛隊災害対策本部への慰問・会食(23日:岩手県庁他)
 9月  災害派遣活動終了に対するお礼(1日:第9師団)
    福島第一原子力発電所での復旧作業員に対する慰問(21日)
 12月 福島第一原子力発電所での除染作業員に対する慰問(20日)
3 要望・提言活動
・ 防衛問題に関する要望書を11月4日、5日に岩手県選出国会議員に対し、提出した。
 @ 防衛意識の高揚
 A 防衛庁の省への昇格
 B 防衛力の整備と予算の確保
 C 日米安全保障体制の充実強化
 D 領域警備法制の整備
4 慶弔等(略)
5 表彰(略)
6 広報   
・ 陸自岩手駐屯地広報誌「厳鷲」発行
・ 全国防衛協会連合会機関紙「防衛協会会報」広告掲載
・ 陸自岩手駐屯地音楽隊「第22回定期音楽会」プログラム広告掲載
・ 第9師団広報誌「あすなろ」広告掲載
・ 盛岡商工会議所広報誌「会議所ニュース」広告掲載  
7 組織状況(37団体)
●平成24年度事業計画
1 各自衛隊協力会相互の連絡、協調に関すること
2 各自衛隊協力会事業への協力、支援に関すること
3 防衛問題に関する要望、提言に関すること  
4 講演会、懇談会等の開催に関すること
5 自衛隊創立記念日等各種行事の共催並びに協力に関すること
6 自衛官の募集協力、予備自衛官制度の周知促進並びに退職者の就職斡旋協力に関すること
7 各市町村の行事に対する音楽隊等の派遣要請への協力に関すること
8 非常災害時並びに公共事業等に対する部隊派遣要請への協力に関すること 
 9 自衛隊活動の周知協力に関すること
10 自衛隊員並びに各自衛隊協力会の会長、副会長に対する慶弔金の支給に関すること
11 国旗掲揚の実践推進に関すること


活動紹介
防衛講座

                              全国防衛協会連合会会報134号(28.4.1)掲載

                  岩手県 防衛講座の開催

 2月12日、自衛隊協力会岩手県連合会では、岩手県内の自衛隊協力会会員、自衛隊協力関係団体の防衛意識昂揚を目的とし、全国防衛協会連合会事業である「防衛講座」を同連合会 常任理事 廣瀬清一氏を講師にお招きし、盛岡市自衛隊協力会との共催により開催した。  
 講座は、「日本の防衛(現状と課題)」と題し、「激動する国際情勢、日本を取り巻く軍事情勢、自衛隊を取り巻く環境の変化、防衛政策の変化、日本防衛の課題と方向」について、講師の経験を交えながら1時間ご講演いただき、好評を博した。
 また、防衛講座終了後には講師を囲んでの懇談会を開催し積極的な情報交換が見られた。

【参加者の声】
「北朝鮮のミサイル発射問題や国際的な軍事情勢などを丁寧に説明いただき誠に時宜にかなった講演であった」、「自衛隊の活動だけでなく日本の防衛政策への関心を高めなければならない」参加者:防衛講座62名、懇談会39名
                                    (自衛隊協力会岩手県連合会)

        

会報特集:北海道・東北地方

                             全国防衛協会連合会会報第130号(27.4.1)掲載

                        岩手県

 自衛隊協力会岩手県連合会は、岩手県内の各自衛隊協力会の連携を密にして会員相互の連絡・協調を図り、もって我が国自衛隊の健全な発展に寄与することを目的として昭和39年に設立しました。  
 平成23年3月に発災した東日本大震災の際は、人命救助や避難誘導、交通網の確保、救援物資の輸送等に精励する陸上自衛隊岩手駐屯地の隊員を支援する「岩手駐屯地復興活動支援実行委員会」を組織し、慰問品の贈呈や激励を行うなど隊員の士気・高揚に務めました。
 また平成22年7月には、県内の自衛隊協力関係団体と「海外派遣隊員支援実行委員会」を組織し、国連ハイチ安定化ミッションやジブチ派遣、国際連合南スーダンミッション派遣要員として従事する隊員に対する支援を行ってきました。
 平成25年10月には、岩手県出身であり当時の自衛隊最高指揮官である岩ア茂統合幕僚長をお迎えして、防衛等に関する講演会を開催するなど岩手県民への自衛隊活動に対する理解を深める事業を積極的に実施するとともに、創立記念行事など陸上自衛隊岩手駐屯地で行われる諸行事の主催・共催、駐屯地の活動を紹介する広報誌「巖鷲」の発行や定期演奏会など広報活動に協力するなど様々な方面から自衛隊の活動に対する支援を行っています。

       
                   講演する岩ア茂前統合幕僚長

バナースペース



岩手山と一本桜 
(写真 自衛隊協力会岩手県連合会)

自衛隊協力会岩手県連合会

〒020-8507
岩手県盛岡市清水町14番12号
          盛岡商工会議所内

TEL 019-624-5880 FAX 019-654-1588


最終更新:30.2.23

補正値:+3705