本文へスキップ

全国防衛協会連合会は、防衛意識の高揚を図り、防衛基盤の育成強化に寄与するとともに、自衛隊の活動を支援・協力することを目的とする民間の全国組織です。

TEL. 03-5579-8348

〒162-0844東京都新宿区市谷八幡町13東京洋服会館9階

防衛省・自衛隊の組織・任務・活動についての説明ページへのリンクを紹介しています。

自衛隊の組織(防衛省HPへリンク)

防衛省
我が国の防衛組織 ●内部部局の組織図  ●防衛装備庁
統合幕僚監部
統合幕僚監部の組織
陸上自衛隊
駐屯地・組織 ●北部方面隊 ●東北方面隊 ●東部方面隊
中部方面隊  ●西部方面隊
海上自衛隊
海上自衛隊の組織
航空自衛隊
航空自衛隊の組織  ●航空団の組織  ●基地(エリア一覧)
基地(北空エリア) ●基地(中空エリア/関東地区)
基地(西空エリア) ●基地(南混エリア))  
地方窓口
自衛隊地方協力本部  ●地方防衛局

防衛省の防衛組織(抜粋)(防衛省HPから)

            我が国の防衛組織


           内部部局の組織




統合幕僚監部の組織(抜粋)(防衛省HPから)



陸上自衛隊の組織(抜粋)(防衛省HPから)

 陸上自衛隊主要部隊等ホームページへのリンク

《部隊配置》


《組織》


 陸上自衛隊主要部隊HPへのリンク

海上自衛隊の組織(抜粋)(防衛省HPから)

 海上自衛隊主要部隊等ホームページへのリンク



航空自衛隊の組織(抜粋)(防衛省HPから)

 ● 航空自衛隊主要部隊等ホームページへのリンク

 航空自衛隊は昭和29年7月1日に、保安庁が防衛庁へと発展的解消を遂げたときに、日本の防空任務を担うために創設され、陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊のうちでもっとも新しい部門です。
 自衛官47,313人、事務官等3,411人、計50,724人 (平成21年4月)
               
     多様な組織が有機的に連携し「防衛」という任務を確実に遂行します
 航空自衛隊は東京・市ヶ谷に「航空幕僚監部」を置き、防空の主力編成隊である「航空総隊」が全国に展開しています。さらに輸送等を担う「航空支援集団」、教育担当の「航空教育集団」、航空の技術開発を進める「航空開発実験集団」、装備品や物資の補給などを担当する「補給本部」など、多様な組織が有機的に連携し、それぞれの任務を遂行しています。
 
航空総隊とは、航空戦闘任務を与えられている第一線の実動部隊のことを言います。航空総隊司令部および航空方面隊その他の直轄部隊によって構成されており、一元的に指揮、運用を図れるようになっています。

 
航空支援集団は、航空作戦を実施する航空総隊を支援する組織です。司令部のほか、空輸、管制、気象、点検の機能を持つ部隊で構成されています。

航空教育集団とは、航空自衛隊員のあらゆる教育を一元的に実施する組織であり、隊員としての基礎教育や訓練、それぞれの専門知識や技術などを身につけるための教育機関です。

航空開発実験集団は、日々進歩する航空機・装備品の開発・航空医学・人間工学の開発実験機能を持ち、幅広い研究を行う組織です。

航空自衛隊の補給本部は、航空自衛隊第2、第3および第4補給処を統制し、必要とされる燃料や弾薬、機材の調達・保管・補給・整備などを担当しています。(平成25年:第1補給処は廃止)

その他、「航空システム通信隊」、「航空中央音楽隊」、「航空自衛隊幹部学校」、「自衛隊三沢・岐阜・那覇病院」など、さまざまな部隊・機関があります。

●航空団の組織

航空自衛隊には航空方面隊等に属する7コの航空団と、航空教育集団に属する2コの航空団があり、航空団の組織は一般的に次のようになっています。


●基地配置図


                                             北空エリア

                                               中部エリア

                                           中部エリア(関東)

                                              西空エリア

                                              南西エリア
 

バナースペース

全国防衛協会連合会

〒160-0001
東京都新宿区片町1-11藤田ビル2階

TEL 03-5919-8960
FAX 03-5919-8961




最終更新:28.8.3